シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

20周年分の重みがぎっしり詰まった一品をどうぞ

さて、続けてのゲームレビューである。次はこちらのソフト
星のカービィ 20周年スペシャルコレクション
『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』である
では、詳細は追記から…

・ゲーム概要・ストーリー
『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』とは星のカービィ生誕20周年を記念して作られたソフトである
Wii用ソフト、サウンドトラックCD、ブックレットと言う構成になっており、サウンドトラックCDには今までのシリーズから厳選された楽曲を収録
また、ブックレットにはシリーズの紹介や当時の資料などが掲載されているファンブックとなっている
Wii用ソフトの『20周年スペシャルコレクション』には『星のカービィ コレクション』として『星のカービィ』、『星のカービィ 夢の泉の物語』、『星のカービィ2』、『星のカービィ スーパーデラックス』、『星のカービィ3』、『星のカービィ64』が収録されている
また、『星のカービィWii』にあった『チャレンジステージ』を新規作成した『もっとチャレンジステージ』、今までのカービィシリーズのパッケージや関連物を見る事が出来る『星のカービィ ヒストリー』という構成になっている

と、言うのが簡単な概要である。では次へ移ろう

・全てのゲームはWiiリモコンのみで遊ぶ事が可能
さて、収録されているゲームは全てVCで既に配信されているゲームではあるが、全てのゲームはWiiリモコンのみで遊ぶ事が可能である
なので、一々コントローラーの交換をする必要がないのは非常に良い面であろう
もちろん、クラシックコントローラーやGCコントローラーにも対応しているので、自分のプレイスタイルに合わせて遊べるのがポイントである

・星のカービィWiiのチャレンジステージがパワーアップ、もっとチャレンジステージ
さて、『星のカービィWii』にあった『チャレンジステージ』がパワーアップして『もっとチャレンジステージ』として収録されている
このモードは『星のカービィWii』にあった『チャレンジステージ』をレベルに仕立ててスコアアタックしていくモードである
案内人はマホロアではあるが、基本的に設定は『星のカービィWiiとはパラレル』と考えて貰いたい
ステージにはチャレンジ用のコピーステージがあり、それをクリアするとマホロアとのレース形式での対決を行う事が出来る
それとクリアすると次のレベルへ、と言う仕組みである
チャレンジステージは新規作成された物であり、『星のカービィWii』とは違った感覚で遊ぶ事が出来る
もちろん『星のカービィのレベルの法則』もあり、更には『もっとチャレンジステージ限定』のコピーまである
『星のカービィWii』で『チャレンジステージ』を遊びつくした人でも新感覚で遊ぶ事が出来るだろう
是非ともこの『もっとチャレンジモード』でもハイスコアを目指して貰いたい

・今までのシリーズを見てみよう。星のカービィ ヒストリー
さて『星のカービィ ヒストリー』は今までのシリーズを振り返る事が出来る
またそのシリーズが発売された時に起こった主な出来事も見る事が出来る
内容はシリーズの紹介映像、パッケージ画像などである
加えて関連物、漫画やアニメまで鑑賞する事が出来る
漫画はさくま良子氏の「星のカービィ」、ひかわ博一氏の「星のカービィ デデデでプププなものがたり」、谷口あさみ氏の「星のカービィ!もーれつプププアワー!」のそれぞれ第一巻第一話を読む事が出来る
そしてアニメ版カービィは第1話、第60話、第72話の三本を鑑賞する事が可能である
ヒストリーだから紹介だけと侮らずにシリーズの流れを見ながら鑑賞をしよう

・総評
さて、この『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』であるが
20周年記念作品として名を恥じない出来である
先ず、今までのシリーズから6タイトルも収録されているのである
またそれぞれのゲームには左右にフレームがついており、ドット絵で描かれたカービィ達が描かれているのが特徴である
このフレームは+と-ボタンを同時押しし続けると消す事が出来る
もちろん、収録されているゲームは当時そのままを移植した物である。ただし、過剰なフラッシュ表現などは当たり前であるが削除されたり軽減されたりはしているが…。
『もっとチャレンジステージ』は全て一新されており、星のカービィWiiで遊びつくした人でも満足の内容である
加えてヒストリーもただただ紹介だけではなく、関連物の一部を閲覧する事も出来るので、まさに至れり尽くせりである
が、悪い面ももちろん存在する
先ずは6タイトルのゲームは『どんな形でもゲームを途中で止めた場合、必ず中断セーブが作られる』と言う面である
これは『星のカービィ64』以外、全て共通の仕様なので『途中から始めたい』と言う時には便利ではあるが『タイトルから始めたい』と言う時には不便極まりない
タイトルに戻るには1+2+A+B(Wiiリモコンの場合)、a+b+L+R(クラシックコントローラーの場合)でしか戻る事が出来ない
この様に、妙な所で『余計な部分がある』と言う仕様なのであるのがネックである
また『もっとチャレンジステージ』は専用のコピーがあるが、それが『もっとチャレンジステージ』だけと言うのは非常にもったいないと感じた
しかし、これ一本で6タイトルが遊べ、尚且つ関連物の一部を閲覧する事も出来るのは非常に良い
価格もそんなに高くは無く、更にサウンドトラックCDやブックレットもついている
また『スーパーマリオコレクション スペシャルパック』の様に期間限定生産では無いのも良い点だろう
カービィファンならば手にとって思う存分、昔のシリーズやヒストリーに浸って貰いたいと思うが
如何であろうか
  1. 2013/04/28(日) 18:59:33|
  2. ゲームレビュー(Wii)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新たな戦国時代の追体験 2nd | ホーム | あの名作がウルトラになって復活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/361-48d0413b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。