シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あの名作がウルトラになって復活

さて、ゲームレビューである。なるべく詰んでいる物から紹介をしていきたいと思う
と、言う訳で今回はこちらのソフトを
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス
『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』である
かつてSFCで発売された『星のカービィスーパーデラックス』をDS用にリメイクした作品である
さて、続きは追記から…

・ゲーム概要・ストーリー
『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』は1996年に発売されたSFCソフト『星のカービィ スーパーデラックス』をDS用にリメイクした作品である
『異なるストーリーや目的のある短いゲームをオムニバス形式に』と6種類のゲームモードから好きな物を選んで遊ぶ事が出来る
また、プラットフォームがSFCに移った事で『ヘルパー』と呼ばれる『そのコピーを象徴するキャラクター』を呼び出して二人で協力プレイをする事が出来るのが最大の特徴である
また、本当にパッと終わるサブゲームも収録されている
これらの要素に加えて更に新たなゲームモードの追加や調整が行われているのが『ウルトラスーパーデラックス』の特徴である

と、ゲームの概要についてはこんな感じである
では、次へと進もう

・基本的な操作
さて、基本的な操作へ移ろう
基本的な操作はこの様な感じである
十字キー左右:歩く
十字キー左右二度押し:ダッシュ
下:しゃがむ、はしごを降りる
上:扉に入る、はしごを上る
LかR:ガード(敵の攻撃を一部防ぐ)
AかY:ジャンプ
ジャンプ中にAかY:ホバリング(空中を飛ぶ事が出来る)
ホバリング中にB:空気弾を撃つ
水中での十字キー:泳ぐ
水中でB:水鉄砲を撃つ
地上でB:吸い込む。敵を吸い込む事が出来る。一部吸い込めない敵あり
敵を吸い込んだ後にB:吐き出す。吐き出した敵は星弾になって攻撃できる
敵を吸い込んだ後に下またはX:飲み込む。敵はコピー能力を持っている物もおり、その場合は能力をコピーできる
能力を持っている時に各種行動+B:能力が持つ技を出せる。各種行動やコマンドによって技は変化する
能力を持っている時にX:ヘルパーを生み出す。ヘルパーがいる状態はヘルパーを消して能力アイテムにする
能力を持っている時にセレクトボタン:能力を捨てる。能力は星になり、しばらく画面内をはねる。他のコピー能力を得たり、吸い込んで吐き出したり、一定時間経過すると消える
食べ物などを拾う:体力を回復。その状態で一定時間内にヘルパーに触れると口移しでヘルパーも回復できる(逆も同じ)

二人プレイ時のヘルパーの特殊な操作
ジャンプ中にA:れんぞくジャンプが出来る。カービィのホバリングと違い、使うたびに上昇量が低くなる
カービィと離れている時にXを押しっぱなし:スペースジャンプ。星になってカービィの所に跳んで行く事が出来る。Xを押しっぱなしで星のままカービィの裏に隠れる事が出来る
Xボタン連打:ハイパー。体力が0の状態と同じになる。この状態では攻撃をする事が不可能であるが、能力アイテムやコピー能力を持った敵に接触するとその能力を得て体力全回復で復活する事が出来る
と、基本的な操作方法はこんな感じである。では次へ移ろう

・多彩なオムニバス形式のゲームモード
さて、このゲームは様々なゲームモードがある。それらを紹介していこう

・はるかぜとともに
初代『星のカービィ』を模したゲームモード。デデデ大王に奪われた食べ物を取り戻す為にカービィが旅立つ物語
面クリ制であり、全4ステージを進む事になる。最初に必ず遊ぶ事になるゲーム

・白き翼ダイナブレイド
作物を荒らす巨大な鳥「ダイナブレイド」を止める為にカービィが冒険の旅に出る物語
ゲームの特徴はワールドマップが搭載されており、ステージを選んで進む事が出来る
また、隠しスイッチを押して「おためし部屋」で好きなコピー能力を選ぶ事が出来る
「コピーのもと」と呼ばれる「そのコピーを何度でも取得できるオブジェクト」が登場する
また、ステージをクリアするとゴールゲームがあり、大砲でカービィを飛ばしてボーナスを得る事が出来る

・激突!グルメレース
デデデ大王と勝負して、「どちらが多くの食べ物を食べられるか」を競う物語
グランプリでは全3コースを走ってデデデ大王を勝負をする事が出来る
タイムアタックでは3コースの中から一つを選んで如何に早くゴールできるかを競う
『スーパーデラックス』では一人用のゲームであるが、今作ではグランプリのみ2プレイで遊ぶ事が出来る
その際、2Pは黄色のカービィになる

・洞窟大作戦
古の洞窟「マジルテ」に落ちてしまったカービィが探検しながら地上を目指す物語
ゲーム中では「宝箱」が存在し、上を押すと宝箱の中身を入手する事が出来る
集めたお宝はポーズ画面で確認をする事が出来る
また、『スーパーデラックス』では『何処にどれぐらいお宝の数』があるか解らなかったが、今作では『お宝画面の区切り』と『下画面のマップ状況』でそのエリアのお宝を全部入手したかしていないかが解る様になっている
また、『スーパーデラックス』と一部変更になったお宝もある
セーブは特定の場所で任意で行う事が可能

・メタナイトの野望
プププランド征服の野望を持ったメタナイトを阻止する為の物語
特徴として時間制限があり、0になるとアウトとなる
また、下画面にメタナイト達の会話が表示されるのも特徴の一つである

・銀河にねがいを
太陽と月が大喧嘩してしまい、めちゃくちゃになった昼夜を止める為に銀河の星を巡って大彗星ノヴァを目指す物語
通常の敵からコピーをする事が出来ず、「コピーのおおもと」を入手する事でコピー能力を使う事が出来る
どの星にも2~3つの「コピーのおおもと」があり、入手すれば好きな時に入手したコピー能力を使う事が出来る
ワールドマップが導入されており、好きな星から遊ぶ事が出来るが、「コピーのおおもと」を入手する場合、特定のコピー能力が必要な場合もある
また、各星のボスは今までのゲームに出てきたボス達であるのも特徴である

これらが主に収録されているゲームである

・たまにはサブゲームで…
さて、『ウルトラスーパーデラックス』でもサブゲームは存在する
それらは全て一新され「下画面をタッチ」で遊べる様な仕組みになっている
以下、収録されているサブゲーム

・タッチ!刹那のカルタ取り
上画面に現れたカルタを素早くタッチして取り、先に3枚のカルタを取ると勝利

・タッチ!早撃ちカービィ
下画面に現れる的をタッチで打ち落とすゲーム。爆弾を撃つと減点。弾が無くなった場合、下のバーをタッチしてリロードできる。最終的に一番スコアの多い人が勝利

・爆裂コンベアタッチ!
コンベアに流れてくる食べ物をたくさん食べるゲーム。爆弾はタッチして別の所へ送る事が可能。また、毛虫はタッチして取り除く事が出来る。爆弾や毛虫つき食べ物を食べると一定時間動けなくなる。最終的に一番スコアが多い人が勝利

と、この三つである。たまにはサブゲームで遊ぶのも一興だろう

・まだまだ続くカービィの物語
さて、『スーパーデラックス』では『銀河にねがいを』をクリアするとスタッフロールであったが、今作では更に新たな追加のゲームモードがある
先ずは『スーパーデラックス』でもあった『格闘王への道』。これは今まで戦ったボス達と戦う事が出来るモードである
そして以下が新たに追加されたゲームモードである

・大王の逆襲
初代『星のカービィ』のエクストラモードを模したゲームモード。また、『メタナイトの逆襲』のパロディでもある
同じく面クリ制であるが全体的に敵の体力が上昇し、またボスもパワーアップして登場する
中ボスが『夢の泉デラックス』等に登場したキャラクターに変更されている
また『スーパーデラックス』で削除された『飛行砲台カブーラー』が復活しているのが特徴である
最終ステージでは下画面に『メタナイトの逆襲』の台詞をパロったやり取りが行われるのが特徴である

・メタナイトでゴーDX
『星のカービィ 夢の泉デラックス』でのオマケモードである『メタナイトでゴー』の『ウルトラスーパーデラックス』版
自分を鍛え直す為に『はるかぜとともに』~(激突!グルメレースを除いた)『銀河にねがいを』までの全ステージ、全ボスを巡るのが特徴
それぞれのゲームモードクリア時にセーブをする事が出来る
また敵を倒すとポイントが溜まり、ポイントを消費して下画面の様々な技を使う事が出来る

・ヘルパーマスターへの道
『格闘王への道』のヘルパー版。操作するのはヘルパーのみ
最初にヘルパーを選び、途中で変更する事は出来ない
出てくるボスは少なめではあるが、回復アイテム数も減っている

・真・格闘王への道
全てのゲームモードをクリアすると『格闘王への道』に上書きされる形で新たに出現するゲームモード
「大王の逆襲」で現れたボスや中ボス、新規ゲームモードの追加ボスと戦う事が出来る
回復アイテムはマキシムトマトではなく普通のトマトである為、如何にダメージを食らわずに進むかがポイントである

と、新たなゲームモードも追加されている
なので、クリア後もまだまだ冒険は続くのである

・総評
さて、この『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス』であるが
一番の良い所は『携帯機でスーパーデラックスが遊べる』と言う所であろう
『スーパーデラックス』に思い入れがあれば楽しめる作品である
もちろんではあるが、悪い面も存在する
先ずはムービー。全て新規の3DCGアニメーションで描かれているがDSの解像度からか映像が荒い
この辺りは慣れで解消できる面であろう
次はカービィのアクションに関してであるが、操作方法が『SFC基準』ではなく『参上!ドロッチェ団基準』なのである
DSなので4ボタンでSFCと同じ配置なのであるが、Aでジャンプ、Bで吸い込みとなっているのはその為である
SFCから入った場合は操作に戸惑う事もあるだろう
またカービィ全般に対しても『参上!ドロッチェ団』以降を基準としている為、SFCとは若干カービィの細かいアクションが違ったり、敵キャラクターのデザインも大幅に変更されている
また、追加ゲームモードに関しても敵のアルゴリズムの強化、使用キャラクターの変更などと新鮮味が薄いのもマイナス点の一つである
2Pプレイに関しても、「2人ではるかぜ」以外はDLプレイが出来ず、必ずソフトを用いてローカル通信をしなくてはならない。その「2人ではるかぜ」も2P側は画面に何も表示されず、1Pの画面を見ながら遊ばなくてはならない仕様である
この様に「数人で集まってワイワイ」よりも「一人で遊ぶ」と言う感覚が強くなってしまったのは否めない
ゲームモードのタイトルロゴも変更されてしまったので、あのタイトル画面の方が好きだと言う人には抵抗があるかも知れない
ボスに関しては連続系の技に対して若干の無敵時間が付いた為、連続HITしない面がある。この辺りは使うコピー次第で気になったり気にならなかったりの部分ではある
しかし、新規で追加されたBGMも多く『新たなBGMが追加されたボス』もいるので『スーパーデラックス』とはまた違う感覚で遊ぶ事が出来ると思う
もしオリジナルを遊びたい場合は、WiiのVC、Wii用ソフトの『星のカービィ20周年スペシャルコレクション』、またWiiUでもVCで配信予定なのでオリジナルが遊びたい時は据え置きで、外で遊ぶ時は『ウルトラスーパーデラックス』でと遊び分ける事が出来ると思うが
如何であろうか
  1. 2013/04/28(日) 17:46:42|
  2. ゲームレビュー(NDS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<20周年分の重みがぎっしり詰まった一品をどうぞ | ホーム | 一族の名と言う宿命の物語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/360-f0219487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。