シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポケモンと信長の野望のコラボレーション作品

さて、久々にゲームレビューである
今回のソフトはこちら
ポケモン+ノブナガの野望
『ポケモン+ノブナガの野望』である
任天堂の代表的作品である「ポケットモンスター」とコーエー(現コーエーテクモゲームス)の代表作である「信長の野望」及び「戦国無双」とのコラボ作品である
名義上は「信長の野望」とのコラボではあるが、「現行作品までで戦国無双に出演している武将のデザイン」は「戦国無双」に準じているので、一応「戦国無双」とのコラボ、とも記しておく
と、言う訳でレビューは追記から…

・ゲーム概要・ストーリー
舞台は「ランセ」と呼ばれる地方
ここでは独自のポケモンの風習があった
ポケモンをボールで捕獲するのではなく、心を通わす、リンクする事で使役する事が出来る者がいた
それらはブショーと呼ばれる者達である
そのブショーの率いる者、ブショーリーダーはブショーを率い、各国に一つだけ建てる事が出来る巨大な建造物、城に住む事が許された
そして、この地方独自のポケモンバトル、イクサと呼ばれる物も存在した
ブショー一人一体、一つの技だけを持ち、軍勢を率いてお互いに戦う。これがイクサである
自身の国に攻め込まれ、イクサに敗れたブショーリーダーは勝者に城を明け渡さなければならない

そして、ランセ地方には古くから一つの伝承がある
「ランセに存在する十七、全ての城を手にすれば、ランセを創りし幻のポケモンが現れる」
その為、ランセ地方ではその伝承の通り、「幻のポケモン」を求めて日夜、イクサが繰り広げられていた
そんな中、二人の人物がこのランセでは動いていた
「十七の城を手に入れてランセの滅亡」を目論む者、ノブナガ
そしてもう一人、この物語の主人公、ハジメと言う国で一人の少女と出会った時、物語が動き出す…

と、言うのが大まかなストーリーである
無双でもポケナガでも「言動が難解で周囲が付いていけず、誤解を招きやすい」と言うのが信長の特徴である
では、続いては簡単なゲームの流れを…

・簡単なゲームの流れ
主人公を選ぶ。男と女がいるが、基本的に変わらない。パートナーポケモンはイーブイ

城を選択する。城を選ぶと現在所属しているブショーや現在のポケモンが表示される

城を選んで入ると様々な施設がある。施設にブショーを派遣してアクションを起こす事が出来る

隣接している他の城を選ぶと「イクサ」をする事が出来る。「イクサ」に出せるのは最大6人まで。自分が所持している城で隣接しているならば、援軍を派遣する事も可能

「イクサ」に勝利すると、その城を入手する事が出来る

現在所属しているブショーの行動が全て終了すると次の月に移る

自軍のターンを終了させると他の国のブショー達も行動を開始する。場合によっては自分が所持している国が攻め込まれる事もある。その場合は「現在、その城にいるブショーで応戦」しなければならない。例え、自分が所持している城が隣接していても援軍を出す事が出来ない

自分のターンに戻る


と、言うのが基本的な流れである。では、続いて「イクサ」について…

・城をかけた戦い、イクサ
さて、イクサについてである
イクサは、「攻め込んだ側」が先手で行われる
そのブショーが持つポケモンを操作して移動・攻撃を行う
また、イクサには様々なギミックがあり、抜け道、柵、落とし穴と様々ある
さて、ただポケモンを移動させて攻撃すれば良い、と言う訳では無い
ポケモンの法則に則り、ここでも「タイプあいしょう」がある
「タイプあいしょう」が良ければ、「こうかばつぐん」になり大ダメージを与える事が出来る
しかし、「タイプあいしょう」が悪ければ、「イマイチ」となり、ダメージが少なくなる
中には「こうかがない」と言う技もあるので注意をしよう
また、攻撃をする場所も重要である。なるべく横か後ろから攻撃をしよう。正面から攻撃するよりも命中率が上がったり、ダメージが増える
また、ポケモンには「とくせい」があり、条件を満たすと自動で「とくせい」を行う事がある
周囲の敵ポケモンの攻撃力を下げる、命中率を下げるなど、これもポケモンの法則に則っているので、「とくせい」にも注意をしよう
説明書に相性表があるが、マップ画面でYボタンを押してXボタンを押すとタイプ検索が出来、同時に相性も見る事が出来る
また、ポケモンにはテンションと言うのがある。もちろん、テンションが高ければ高いほど有利になるのでなるべくテンションが高い状態で「イクサ」に望もう
テンションは三ヶ月周期で変化する。テンションを上げるには施設の「ぽにぎり屋」を活用しよう
また、ポケモンを決定した状態でXを押すと「ブショーパワー」や「持ち物」を使う事が出来る
「ブショーパワー」はそのブショーが持つ能力で、ポケモンに何らかの効果をもたらす事が出来る
攻撃力をアップさせたり、防御力をアップさせたり、移動力をアップさせたり、体力を回復させたり…
ただし、「ブショーパワー」はそのイクサ中、一回しか使えないので使い所には注意を
「持ち物」は施設の「ショップ」で購入した道具を「イクサ」の前に装備させて使う事が出来る。もちろん、使えば無くなる
全てのポケモンの行動が終わればターン終了。未行動のポケモンがあってもXを押せばターンを終了させる事が出来る
また、「イクサ」にはターンが設定されており、その残りターン数までに勝利条件を満たさないと自動的に敗北になる
ただし、これは「自軍がイクサで攻め込む場合」であり、「他国からイクサで攻め込まれた場合」は残りターン数が0になる事も勝利条件になる。勝ち目が低い場合は逃げの一手もありだろう
「勝利条件」は城によって異なる。敵を全滅させる、旗を全て取る、旗を守るなど様々な条件がある
これらを把握して、「イクサ」に勝利しよう

・城が増えたらブショーをスカウト
さて、「イクサ」に勝利して城が増えたら「ブショー」をスカウトしよう
「ブショー」はポケモンが生息している施設にいる事がある
その時はマップ画面で人のマークが出ているのでチェック
さて、ブショーをスカウトする条件は以下の通り

・「4ターン以内に倒す」
・「こうかばつぐんの技で倒す」
・「味方がその相手から一回も攻撃を受けずに倒す」

の三つのうち、「どれか一つでも達成する」とスカウトする事が出来る
一番簡単なのは「タイプあいしょう」で「こうかばつぐん」の技で倒す事である
もし4ターン以上経過しても、「こうかばつぐん」の技で倒せば、スカウトが出来るし、ダメージを受けてもスカウトは出来る
ただし、特別なブショー(いわゆる無双武将)はこれの他にも条件がある
無双武将は個々に条件がある。様々な方法を試して仲間にするべし
尚、無双武将がいる場合は人のマークが金色になっているので、それで確認をするべし

・ポケモンを増やすにはリンクを
さて、ポケモンを増やすにはどうするか。それは野生のポケモンが生息している場所に赴いて「リンク」するのである
リンクをする方法は仲間にしたいポケモンと隣接して「リンク」を選ぶ
すると、左から光の弾が流れてくるので、サークルの中に入った時にAボタンを押す
成功するとリンクゲージが増える。失敗するとリンクゲージが減る
このリンクゲージが最大になるとリンクが成功し、そのポケモンを仲間にする事が出来る
ここで注意したいのは、仲間にしたポケモンを使役出来るのはリンクに成功したブショーであると言う事
また、ブショーによっては相性の良いタイプがある。じょうほうでブショーの情報を見れば、どのタイプのポケモンと相性が良いのかが解るので、それを目安にポケモンとリンクをしよう
また、ポケモンとリンクする前にリンクしようとするポケモンの頭にマークが表示される
これは「そのブショーとポケモンがどれぐらいの相性があるか」を現している
マークに×が付いていれば「リンクが出来ない」
マークが無いと「1~40%」の相性
マークが銅だと「50~69%」の相性
マークが銀だと「70~89%」の相性
マークが金だと「90~100%」の相性
となっている。なるべく、銀か金のマークのポケモンとリンクをしよう
また、ブショーには必ず相性が100%のベストリンクのポケモンがいる
なので、ブショーの相性を見ながら、ベストリンクのポケモンを探そう
ただし、ブショーが所持できるポケモンの最大数は「うつわ」の数だけである
それ以上のポケモンを所持しようとしても必ず一匹、サヨナラをしなければならないので注意しよう
「うつわ」はブショーによって異なるので、確認をするべし

・リンクを上げるには
さて、リンクを上げるには以下の方法がある

・イクサに勝つ
・野生のポケモンと戦う
・施設を使う

基本的に「イクサ」に勝ったり「野生のポケモンと戦う」とリンクが伸びる
施設を利用しても僅かにリンクが上がるので、ブショーは必ず何らかの行動を起こそう
先の通り、ポケモンには相性があり、リンクの数値によって成長の幅が変わる
もちろん、%が高かれば、その分ポケモンも強くなる
更に、ベストポケモンで100%になると、特別な効果を持つ技も存在する
様々な方法で、ポケモンとのリンクを上げよう

・クリアしてからが本番
さて、ゲームをクリアすれば終わりか、実はそうでは無い
本編はこのゲームのチュートリアルを兼ねた「ポケモン編」である
目標があり、その目標に従って行動して基本的なシステムを学ぶ、そう言う場である
では、クリア後はどうなるか。今度は「ノブナガの野望編」に入ると思っていただこう
今までのリンクの数値は全てリセット。そして主人公も「今まで主人公が出会ってきたブショーリーダー(無双武将)」に切り替わる
これらは「エピソード」と言う形で選択をする事になる
選んだ「エピソード」によってクリア条件が異なる
また、敵も積極的に攻める様になる。他の城、自分の城にも、である
なので、今まで培ってきた経験を元に攻略をして行こう
尚、コレクションに登録されたブショーとポケモンはリンク数値がリセットされて所持ポケモンが呼び出される
コレクションに登録するには、そのブショーを一回でも「イクサ」や「野生のポケモンとの戦い」に出して勝利すれば良い
リンク数値はリセットされるが、ベストリンクのポケモンとリンクを成功させたポケモンや進化済みもポケモンはそのまま、コレクションから引き出されて使う事が出来る
なので、積極的にコレクションにブショーやポケモンを登録しよう
また、Wi-Fiを使ってエピソードを追加する事も出来る

・総評
さて、この『ポケモン+ノブナガの野望』であるが
上手くポケモンとシミュレーションRPGが混ざりこんで非常に面白い
特に、ポケモンが所持できる技が一つしか無い為、例え「そのポケモンとタイプあいしょうが良くても技が別のタイプである」場合があり、よくよくポケモンを見て、選択して行動させねばならない
最初はチュートリアルを兼ねてのプレイなので、目標があったりとめんどくさいがあるが、それはクリアするまでの話であり、クリア後から本番なのはポケモンと同様である
様々なエピソードがあり、それをクリアしていく。今までの経験を培って攻略をする
すると、だんだんと面白みが増すのである。「ここのタイプはこれだから、ポケモンはこれを投入して」と
また、野生のポケモンとの戦いでも、「このブショーはこのタイプと相性が良いからリンクをした方が良いかも」と考える事が出来る
やり方は様々、非常にやり応えがある
しかし、やはり、マイナスな面が無いとは言えない
先ず、クリア後のエピソードである。非常に多い
主役交代&リンク値がリセットされるので、逐一プレイをしなければならない
また、エピソードでも「基本的なエピソードの内容が同じ」と言うのも多い
またコレクションに登録されるポケモンは最大199匹と、今までのポケモンシリーズから比べると少ない
自身の好きなポケモンが出てこない、と言うのも多々にあるだろう
更に、ブショーはコレクション登録出来るのは200人とこれまた多い。これも個々にベストリンクポケモンがある
めんどくさい面が多い、と言うのもこのゲームの特徴だろう
しかし、条件を満たせば主人公と無双武将はブショー進化をし、新たなデザインを見る事が出来る
どんなデザインかは、見てのお楽しみである
ポケモンでシミュレーションRPGをしたいと言う人にはオススメだと思うが
如何であろうか
  1. 2012/04/12(木) 23:34:30|
  2. ゲームレビュー(NDS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やはり覚醒気味の黒雹日和 | ホーム | 音楽を奏でる新しいFFの世界>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/328-5bca4018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。