シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

協力か裏切りか。生死を賭けた脱出ゲーム、再び

さて、ゲームレビューである。今回のゲームはこちら
極限脱出ADV 善人シボウデス
『極限脱出ADV 善人シボウデス』の3DS版である
このソフトは3DSの他にもPSVita版も発売されているが、このレビューでは『3DS版』の方をレビューしたいと思う
尚、ゲーム中では『姉妹作』と表記されている『極限脱出 9時間9人9の扉』はほぼ前作と言っても変わらないので、『前作』で通したいと思う
では、レビューは追記から…

・ゲーム概要・ストーリー
ごく平凡な大学生であるシグマが目を覚ますと、見知らぬエレベーターであった
そしてもう一つ、見知らぬ物があった。一人の少女である
その少女は、主人公であるシグマを見て呟く、「シグマ」と
何故、この少女が自分の名前を知っているのか。その答えは「なんとなく」であった
そんな中、エレベーターのモニターに一羽のウサギが現れる
『ゼロ三世』と名乗るウサギ…そして告げられた言葉、「ゲームに参加して貰う」と
「ノナリーゲームアンビデックスエディション」。それが、このゲームの名前であった
そして最後に告げられた言葉、「このエレベーターは暫くすると自動的に墜落する」と

シグマと少女は協力してそのエレベーターから脱出をする
出てきた場所は倉庫の様な場所
そして自分達と同じく、見知らぬ者達であった。7名の人物。シグマと少女を含めると9人
その9人はこの施設の中でゲームを行わなければならない
「ノナリーゲーム」。そして「アンビデックスゲーム」
協力か裏切りか、その選択の先にある物は
そして、このゲームは何の為に行われているのか
全ては、シグマの選択次第に…

と、言うのが今回のストーリーである

・基本的な部分は前作と同じ
前作と言うのは最初に言ったように『極限脱出 9時間9人9の扉』の事である
ざっくりと言うとこんな流れである

ノベルパート

選択肢(中には分岐に関係無い選択肢もある)

シナリオ分岐

脱出パート

ノベルパート


とシナリオが続いていく。先ずはノベルパートから説明をしよう

・ノベルパートのキャラクターの台詞はフルボイス
さて、今作の特徴とも言えるのが『ノベルパートのキャラクターの台詞はフルボイス』と言う点である
聞いた事のある声優達が各々のキャラクターのボイスを担当している
その為、キャラクター達に個性が非常に豊かに表現されている
最も、台詞以外は全て文章だけであるが…
尚、一度読んだ箇所は下画面のメニューからスキップにすると未読箇所や選択肢まで一気に飛ばす事も出来る
次は、このゲームの肝である脱出パートについて…

・脱出パートはより難しく
さて、今度は脱出パートである。これも基本は前作と同じである
調べたい所を下画面でタッチをして調べる。中にはズームをして調べる所もある
下画面のタッチだけでなく、スライドパッドを動かして上画面を見ながら調べる事も出来る
さて、脱出パートでするべき事は一つ。『密室から脱出する事』である
中ではアイテムを手に入れたり暗号を入手する事が出来る
アイテムは他のアイテムと組み合わせて使う場合もある
また、アイテムを持った状態で調べる事で初めて進める場合もある
また、脱出パートには仕掛けを解く為のミニゲームも挿入される
それら全てをクリアすると、脱出パートを脱出する為の『鍵』を入手する事が出来る
と、言うのが前作までの脱出パートである
今作の脱出パートは脱出する為の『鍵』を入手する事だけでは無い
脱出パートにある隠されたヒントを元に『別の解読パスワード』を入力して『アーカイブ』を入手する事も出来る
その『アーカイブ』は脱出パートで入手出来る物とは違い『SECRET』となる
更に、『難しくてクリア出来ない』と言う人の為に『HARDモード』から『EASYモード』に難易度を変更する事が出来る
難易度をEASYにするとどうなるか

・パズルや暗号などを何度も失敗すると一緒にいる仲間やシグマ自身がヒントをくれる
・隠しパスワードで入手出来るファイルが銀になる(隠しアーカイブの一部しか見れない。その脱出パートの隠しアーカイブを全て取得するにはHARDモードで隠しパスワードを入力し『金のファイル』を入手する必要がある
・脱出後のフローチャートでその脱出パートにEASYの文字が付く(HARDモードでクリアするとHARDの文字が付く)

と、この様な違いが出てくる。もし行き詰まってもEASYにすればヒントが貰えるので頑張って脱出をしよう
尚、その脱出パートでEASYモードにしても次の脱出パートに入るとHARDモードに戻っているので注意をしよう

・協力か裏切りか、アンビデックスゲーム
さて、脱出パートを終えるとノベルパートを挟み、アンビデックスゲーム(ABゲーム)が始まる
ABゲームは『協力』か『裏切り』かどちらかを選ぶゲームである
それによってシナリオが分岐するシステムになっている
決して『協力』が正解のルートでもあらず、『裏切り』が正解のルートでも無い
どちらも正解である場合もあり、どちらかが間違いと言う場合もある
どちらを選択するかは、プレイヤー次第である

・進行ストップ。シナリオロックとパスワードロック
さて、ゲームを進めると唐突に『TO BE CONTINUED』と表示されシナリオが進めなくなってしまう
それが『シナリオロック』である。この『シナリオロック』を解除するにはどうすれば良いか
下画面のメニューのフローチャートを遡って『別のシナリオ』を進めなくてはならない
『別のシナリオ』で得た情報を元にこのシナリオロックを解除するシステムになっている
と、言っても何か条件が必要な訳では無い。ただ、『そのシナリオを通る』だけでシナリオロックは解除される
シナリオロックは『黒い?』の場合は解除されていない状態であり、『緑の?』は解除されている状態である
また、既に解除の条件を満たしている場合はシナリオロックがかからずにそのままシナリオが進んでいく
更に、もう一つロックがある。それが『パスワードロック』である
『パスワードロック』は名の通り『パスワードを入力しないと進めなくなるロック』である
これも同じ様に、別のシナリオからパスワードを入手して入力しなくてはならない
どちらのロックも解除できなければ『TO BE CONTINUED』か『GAME OVER』になってしまう
ので、フローチャートを元に様々なシナリオを読もう
もし、『何処にパスワードがあるのかが解らない』となっても、その場面にJUMPする前に簡単な概要が挟まれるのでそれを元にJUMPをしよう

・総評
さて、この『極限脱出ADV 善人シボウデス』ではあるが
前作に比べて、非常に幅が広くなっている
それに伴い、BAD ENDの種類や正規ENDの種類も大幅に増えているのも特徴である
ノベルパートは聞き覚えのある声優陣達が各々のキャラクター達を生き生きと表現しているのも特徴である
さらに、脱出パートはやや難しくなっている上にオマケとして隠しパスワードを入力する事によってゲーム本編をより深く知る事が出来る隠しアーカイブを入手する事が出来る
脱出パートは3DSが二画面なのを利用してヒントとなるアーカイブや暗号を解いたメモを上画面に表示して下画面で入力、と非常に便利に遊ぶ事が出来る
シナリオに関しては、一つ一つが『無駄では無い』と言うのがポイント
正規EDでも全く報われないEDもあるが、それも無駄では無く『別のシナリオを解く為』に必ず通らなければならない、と言うのが特徴である
また、前作をプレイ済みの人物ならば各々のキャラクターがどんな人物であるかの予想を立てる事が出来るので、より一層面白さが増す
加えて、前作ではゲーム中では謎のままであった事が『基本的な謎は全てゲーム中で判明する事が出来る』と言うのが今回の良い所の一つでもある。実質的な真相EDでのどんでん返しは見物である
しかし、もちろんマイナス点もある
先ずノベルパートではあるが、『基本的な流れは一緒』なのである
もちろん、選択肢によってシナリオは分岐するが『基本的な流れは一緒』なので一つのシナリオを先行させていくと、フローチャートを遡った際にまた同じ場面を見る羽目になる
シナリオロックもパスワードロックも先行しすぎるとまた戻る必要があるので面倒である
続いて声に関して。非常に好みが分かれる
『文章だけの方が良い』とも言えるし『声があった方が臨場感が増す』ともどちらとも取れる
この辺りは好みの問題だろう
そして最後に、『確かにシナリオは良いが、少々飛躍し過ぎる一面もある』と言う所である
前作は何とか許容できる範囲であるが、今作の場合、いささか飛躍しすぎている様な印象を受ける
ともあれ、前作をやった人ならば前作との関連性を見出す事も出来る。これを初めてやった人は様々に入り乱れる人間模様やシナリオを楽しむ事も出来よう。もしくは、これをやった後に前作である『極限脱出 9時間9人9の扉』をプレイしても良いと思うが
如何であろうか
  1. 2012/03/01(木) 19:49:53|
  2. ゲームレビュー(3DS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3DSでも栄光の金メダルへATロンドンオリンピック | ホーム | 極限脱出 9時間9人9の扉 考察まとめ+新情報付加(完全版)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/324-92142808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。