シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲームを遊んで目指せ一攫千金!!

さて、久々のゲームレビューである
今回はこちらのソフト
こちら葛飾区亀有公園前派出所 勝てば天国!負ければ地獄! 両津流 一攫千金大作戦!
『こちら葛飾区亀有公園前派出所 勝てば天国!負ければ地獄! 両津流 一攫千金大作戦!』である
大元の漫画のタイトルが長い上に副題も更に長いので非常に長いタイトルになってしまっているが…
いつも通りレビューが追記から…

・ゲーム概要・ストーリー
葛飾区亀有公園前派出所の巡査長である両津勘吉、今日も自転車を走らせ派出所へと向かう
しかし、毎度の如く遅刻をしてしまうが巡査部長である大原大次郎の姿が見当たらない
同僚で部下でもある秋本麗子によると、今日はあるゲーム会社が主催した「亀有ゲームフェスタ」の警備に行ったらしい
そのフェスタのゲームに挑戦して勝てば、豪華な賞品が貰える
それを聞いた両津は面白そうだと「亀有ゲームフェスタ」へと赴くのであった

さて「亀有ゲームフェスタ」に到着した両津はある人物と出会ってしまう
両津勘兵衛、両津勘吉の祖父である。そしてこの「亀有ゲームフェスタ」の運営委員長であった
どうやら、このイベントは勘兵衛を開催したらしい

さて、勘兵衛と共に「亀有ゲームフェスタ」へと入ると、そこにあるゲームは全て、両津勘吉の行動をモデルにしたゲームであった
さて、両津は勘兵衛にゲームをやらせるように要求をする
勘兵衛は考える。「モデルである勘吉にゲームをやらせればイベントが盛り上がるかも知れない」と
そして、勘兵衛は両津に「ゲームをプレイしてイベントを盛り上がらせる」様に要求をする
その分の見返りとして、ゲームに勝利した際に貰えるPtコイン。本来は豪華商品と交換する物であるが、それを特別に現金と交換すると言う条件も出した
これに乗った両津は「亀有ゲームフェスタ」のゲームに挑戦するのであった
果たして、両津はゲームに勝利してがっぽりと儲けるか、それとも…

と、言うのが大まかなゲーム内容である
では、次へ行こう

・ゲームの流れ
さて、ゲームの流れはこの様な流れである

チケットを購入する

下画面に三つのゲームが表示され、その一つを選ぶ

ゲームをプレイする

ゲームをクリア、もしくは失敗する

結果発表

と、言う流れである

最初は無料で購入出来るビギナーチケットしか購入出来ない
また、ビギナーチケットは3ラウンドしか遊ぶ事しか出来ない
新たなチケットを獲得するにはチケットを購入して全ラウンドをクリアする必要がある
では、ラウンドについて説明をしよう

・ラウンド数が多ければ、連続でゲームが遊べる
さて、チケットにはそれぞれラウンドと言うのがある
ビギナーチケットは3ラウンド、続けて3回、ゲームを遊ぶ事が出来る
しかし、ラウンドは購入資金が高ければ高いほど多く遊ぶ事が出来る
ラウンド数が多くなると、どんなメリットがあるか

・ゲームをクリアして入手したPtを累積する事が出来る
・ラウンドの後半になればなるほど、高Ptのゲームが遊べる

と言った次第である
さて、次は結果発表について…

・成功か大成功か、失敗か大失敗か
さて、ゲームをクリアすれば先ずは「成功」となる
ゲームに成功した場合、入手したPtがそのまま現金になる
が、ここでまだ現金を入手出来る訳では無い
ラウンドが残っていれば以下の選択肢が出る

・まだまだ、これからだ!
・さ、さすがに疲れた…

の二つである。「まだまだ、これからだ!」を選ぶと引き続きゲームに挑戦でき、Ptは累積される
「さ、さすがに疲れた…」を選ぶと、ラウンドが残っていてもPtを現金に換金する事が出来る

さて、ゲームに「失敗」した場合はどうなるか
失敗すると、もちろんプレイしたゲームのPtは0
更に、ペナルティとして累積したPtも0になり強制的にラウンドが終了になってしまう

更に、このゲームは「ギャンブルコイン」を賭ける事が出来る
一枚賭けるごとにゲームをクリアした際に入手出来るPtが二倍、最大五枚まで賭けられ十倍になる
ただし、コインを賭けた分、ゲームが難しくなる
ギャンブルコインを賭けてゲームをクリアした場合は「大成功」になり、賭けたコインの倍数分のPtが獲得出来る
ただし、ゲームをクリア出来なかった場合はどうなるか
この場合は「大失敗」になり、ゲーム中に入手したPtがマイナスになってしまう
更に、累積したPtまでマイナスになり「借金」となってラウンドが強制終了になってしまう
「借金」により、所持金がマイナスになると「破産」となってゲームオーバーになってしまうので注意をしよう

・借金地獄になっても運が良ければ…
ギャンブルコインを賭けて大失敗になった場合、上画面に表示されている「大失敗」が爆発すれば「悪あがきチャンス」が発生する
「悪あがきチャンス」は名の通り、悪あがきのチャンスゲーム。両津まねき猫がばら撒く小判を指定枚数集めれば「悪あがきチャンス」は成功し、ペナルティが無くなりラウンドも継続する事が出来る
しかし、「悪あがきチャンス」に失敗すると、そのまま「借金」となる
あくまで、運が良ければ発生するゲームなので、必ず「悪あがきチャンス」が出る訳では無いので注意をしよう

・所持金を増やして称号をレベルアップさせよう
さて、上記の方法で所持金を集めると称号がレベルアップする
称号がレベルアップすると以下の利点がある

・換金されるPtの倍率が増える
・新しいゲームが遊べる

である。なので、所持金を集めて称号をレベルアップさせよう

・所持金はカメダスにて
さて、集めた所持金は何に使うか、カメダスにて使う事が出来る
先ずはインチョキ堂、ギャンブルコインやコレクション、「普通」で遊んだゲームを購入する事が出来る
ギャンブルコインは現在の所持金により値段が変動する。コレクションは特定の条件を満たさないと購入する事が出来ない
コレクションを購入したり売却した際はルーレットが回転し、「成功」、「失敗」、「大成功」の三つの的がある
「失敗」に当たれば値段そのまま、「成功」に当たれば購入の場合二割引、売却の場合は二倍買取、「大成功」の場合は購入の場合は五割引、売却の場合は五倍買取となる
コツを掴んで上手く大成功を狙おう

続けて、絵崎教授の研究所。ここでは「メカゴリラ君」を使ってお助けアイテムやギャンブルコインを入手する事が出来る
両目の図柄を揃えればお助けアイテムやギャンブルコインを入手する事が出来る
ここでも資金が必要である。更に、値段も現在の所持金で変動する
払う金額が多ければ多いほど当たる確立が高くなるぞ
また、ブロンズチケット以上の場合、ゲーム開始前に絵崎教授を呼ぶ事が出来る
こちらも資金を払ってアイテムを入手する事が出来る
ただし、ラウンド中は三回まで。そして成功失敗に関わらず、絵崎教授を呼んだ後はゲームが確定してしまうので注意をしよう
因みに、入手したアイテムはゲーム開始前にXで使う事が出来る

・コレクションを集めてこち亀の世界を堪能しよう
さて、インチョキ堂で購入したコレクションは「コレクション」で見る事が出来る
コレクションは以下の通り

・週間こち亀:こち亀のキャラクター紹介を見る事が出来る
・絵画:ゲームに使われた一枚絵を見る事が出来る
・掘り出し物:こち亀のキャラクターのフィギュアを見る事が出来る
・アイテム:絵崎教授の研究所で手に入れた事のあるアイテムを見る事が出来る
・データベース:各種データを見る事が出来る。内容は以下の通り
 ・称号:今まで見てきた称号を見る事が出来る
 ・あだ名:特定の条件を満たすと入手出来るあだ名を見る事が出来る
 ・チケット:現在まで入手出来るチケットを見る事が出来る
 ・ゲーム:条件を満たすと各種ゲームのあらすじを見る事が出来る
 ・プレイ記録:様々な記録を見る事が出来る

是非とも、全てを埋めてこち亀の世界を堪能しよう

・購入したゲームはフリーモードで
さて、インチョキ堂で購入したゲームはフリーモードで遊ぶ事が出来る
一回千円で遊ぶ事が出来、難易度を選択する事が出来る
フリーモードなので、ゲームをクリアしてもPtが現金になる事も無い
その逆もしかりである。フリーモードでゲームに挑戦して本番のバラエティモードに備えよう

・総評
さて、この『こちら葛飾区亀有公園前派出所 勝てば天国!負ければ地獄! 両津流 一攫千金大作戦!』ではあるが、キャラクターゲームとしては悪くは無い
キャラクターボイスは基本的にアニメに準じており、各種ゲームも(アニメ基準ではあるが)原作を知ればニヤリとする様な物もたっぷりとある
更にはやりこみ要素としてコレクションや称号、あだ名などと様々ある
しかし、マイナス点もある。それは難易度がゲームによってマチマチなのである
激ムズにすると「お助けアイテムが無いと無理」と言う様なゲームもたっぷりとある
それに、基本的に最初は殆ど同じゲームしか出ず、称号が上がらなかったりラウンド数の多いチケットを勝って後半にならないと新しいゲームが出てこないのもマンネリしやすい
しかし、アニメを見た世代ならば懐かしい声で遊ぶ事が出来、尚且つやりこみ要素のお陰でファンアイテムとしては非常に良いと思うが
如何であろうか
  1. 2012/02/22(水) 23:59:09|
  2. ゲームレビュー(NDS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<極限脱出 9時間9人9の扉 考察まとめ+新情報付加(完全版) | ホーム | 依頼人の無実を信じて、いざ法廷へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/323-4ed32a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。