シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二画面ぶち抜き、熱く撃ちまくれ!

さて、続け様にレビューを行いたいと思う
続いてはこちら
魂斗羅デュアルスピリッツ
『魂斗羅デュアルスピリッツ』である
さて、いつも通り追記からレビューを…

・ゲーム概要・ストーリー
西暦2633年、エイリアンの組織「レッドファルコン」による人類滅亡計画は二人の魂斗羅、ビル・ライザーとランス・ビーンが阻止した

西暦2634年
再び地球をエイリアンが襲う。しかし、再びビル、ランスの活躍によりエイリアンを退けた

西暦2636年
エイリアンはその勢力をかけた大規模な侵略攻撃を開始。しかし、それもビル、ランスの活躍によりエイリアンを退けた
そして平和が訪れたはずであった

それから半年後、世界はエイリアン・ブラックバイパーに占拠され荒廃していた
人類に残された道は降伏するか滅亡するかのみ
しかし、そんな状況下の中でも「魂斗羅」はその熱き斗魂により立ち上がる
先の英雄であるビル、ランス、そして新たにマッド・ドックとスコーピオンの四人でエイリアンの基地がある島へと向かう
人類の命運は、この四人の戦士達に託されたのであった

と、言うのが大まかなストーリーである

・撃って撃って撃ちまくれ!!
さて、基本的な説明である
基本操作は十字キー左右で移動。下を押すと伏せ。Yで攻撃が出来る
Bでジャンプが出来、Aでパワーアップ武器を捨てる事が出来る
Xボタンを押すと上方にグラップリングフックを伸ばして掴める物に掴んで移動が出来る
Lボタンで武器の切り替えが出来る
Rボタンを押すとキャラクターを固定が出来る。十字キーで8方向に狙いを定める事が出来る
そのままYボタンで攻撃が出来るぞ
基本、このゲームは撃って撃って撃ちまくるのが基本だ
兎に角、撃ってエイリアンを駆逐するべし

・基本的なモード
さて、次は基本的なモードである。モードは以下の通り
・ARCADE MODE
プレイヤーを操作してゲームを進めるモード
更に二つのモードがある
 ・SINGLE PLAYER
  一人で遊ぶ事が出来る。2ステージ以降進むと「Resume Game」で続きから遊ぶ事が出来る。ただし、コンティニュー数を一つ使う
 ・MULTIPLAYER
  二人で遊ぶ事が出来る。二台のDSと二本のソフトが必要
ARCADE MODEには難易度があり、EASY、NORMAL、HARDとある
最初はEASYから始めよう
・CHARACTER SELECT
キャラクターを選択する事が出来る。ただし、見た目以外の性能は変わらない
・OPTIONS
音声のONOFFやデータの削除が出来る
・BOUNUS CONTENT
様々な特典を見る事が出来る。解放には条件が必要

これらが基本的なモードである

・ゲームの画面は二つある
さて、次はゲーム画面である。ゲーム画面は二つのモードがある
一つはサイドビュー画面である。横にスクロールしてエイリアンと戦いながらボスを倒すとクリアとなる画面である
次はフロントビュー画面である。こちらはプレイヤーの後ろから見た視点の画面である
フロントビュー画面は上画面にゲーム画面、下画面にマップが表示される
マップにマークがある箇所は敵を倒すとパワーアップアイテムが出てくる
操作は左右で位置を変え、下で伏せ、Bでジャンプとなる
画面内にある特定の対象物を破壊すると上を押して前身して次のフロアへ進む事になる
最後のフロアにボスがおり、それを倒すとクリアとなる
これが基本的なゲーム画面である

・パワーアップアイテムを取って撃ちまくれ!
このゲームにはパワーアップアイテムがある。どんな物があるか紹介しよう
・C:クラッシュガン。リーチは短いが破壊力のある弾が撃てる。ボス戦向き
・F:フレイムガン。炎で敵を攻撃する。リーチはあるが連射も利かず弾も遅め
・H:ホーミングガン:相手をサーチして攻撃する。威力は低いがホーミングしてくれるので雑魚戦向け
・L:レーザーガン:レーザーで攻撃をする。貫通力のある弾が撃てる
・M:マシンガン:押しっぱなしで自動で連射をする。絶え間なく弾が撃てるが一直線しか飛ばない。ボス戦向き
・S:スプレッドガン:広範囲を攻撃出来る。範囲が広いので雑魚戦向き
・B:バリア:一定時間無敵になれる。ただし穴などは無効
・無地:スマートボム:画面内の敵を一掃出来る

EASYモードでは最初から二段階目のパワーアップだが、NORMALやHARDは二個取らないと二段階目にならない
また、重ねて武器を取ると後から取った武器が優先されるので上手くLで武器を切り替えて取ろう

・挑め!!チャレンジモード
さて、どの難易度でも良いのでアーケードモードをクイリアすると「CHALLENGE MODE」が追加される
「CHALLENGE MODE」は様々なミッションがあり、それを満たす事でクリア出来る
全40ステージあり、4つクリアするごとにボーナスコンテンツが開かれたり選べるキャラクターが増えて行く
是非、全てのステージをクリアして全ての特典を解放しよう

・特典解放、ボーナスコンテンツ
さて、「BONUS CONTENT」では様々な特典がある
先ずはNES版の魂斗羅とスーパー魂斗羅が収録されている
更に、歴代の魂斗羅のミュージアムを見る事も出来るぞ
これらはチャレンジモードをクリアするごとに解放されていく
どんな物があるか、それは自分の目で確かめよう

・総評
さて、この『魂斗羅デュアルスピリッツ』であるが
魂斗羅シリーズの名に恥じない非常に良い出来である
始めてプレイする人にはその操作性に戸惑うかも知れない
しかし、どの難易度でも良いのでアーケードモードをクリアするとチャレンジモードが追加される
そのチャレンジモードの存在がこのゲームを良くしている要因である
チャレンジモードは一つ一つが短く、尚且つ魂斗羅の基本的な動きを学ぶ事が出来るので必然的に動きが良くなるのである
しかもクリアごとにボーナスコンテンツが解放され、「次のミッションを」と続けてやりたくなるのも良いアイディアだと思う
マイナス点を言えば「チャレンジモードは一度アーケードをクリアしないと出てこない」と言う事
もう一つは「キャラクターの性能が変わらない」と言う事。キャラクターに個性が無く、どのキャラクターもパワーアップも同じ、動きも同じである
よくよくプレイすれば若干の違いはあるが、基本は全て同じである。これではキャラクターセレクトの意味が無い
加えて、アーケードモードのHARDのクリアに大きな特典が無い事である。エンディングが若干変わるだけでそれ以外に変化は無い
つまり、チャレンジモードもアーケードモードのHARDも全てクリアするとやる事が無くなってしまうのである
飽きやすいと言うのも大きなマイナス点と言えよう
しかし、それ以外は全て魂斗羅である。無茶苦茶な超展開、巨大なボス、フロントビューの基地潜入。全て、昔のファンに取っては嬉しい要素である
もちろん、ゲームとしての質も非常に良いので、アクション好きは手に取ってプレイして貰いたいが
如何であろうか
  1. 2011/12/26(月) 22:03:23|
  2. ゲームレビュー(NDS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戦国時代を追体験 これが3DSの戦国無双 | ホーム | 任天堂+αの祭典 スマブラ開催>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/313-55466d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。