シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新たなるゼルダの世界へ今羽ばたけ

さて、更にレビューを続けようと思う
今回はこちらのソフト
ゼルダの伝説 スカイウォードソード
『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』である
では、レビューは追記から…

・ゲーム概要・ストーリー
昔、『大地』と言う物があった
その『大地』に突如として『魔の物』が現れた
『魔の物』は次々と『人間』を駆逐し、『大地』を我が物にしようとしていた
そんな時、『女神』は『万能の力』を用いて生き残った人間を空高く、雲の上へと昇らせた
『女神』は『魔の物』を『大地』に封印し、そして去っていった

それが神話として語り継がれるほどの長い時が流れた
スカイロフトの騎士学校に住む青年、リンクはある夢にうなされていた
見知らぬ場所の巨大な怪物に襲われる夢
そんな夢から覚めた後に目の前にあったのは幼馴染であるゼルダのロフトバードと手紙であった

手紙にあった約束、そして鳥乗りの儀の優勝
様々な事を経てリンクはゼルダと共に一時の空の散歩へと出かける
しかし、その時黒い竜巻が二人に襲い掛かる
ゼルダは、その黒い竜巻に飲み込まれて行方が知れなくなった

その夜の事であった。リンクは見知らぬ少女に導かれて女神像の中に入る
中にあったのは一振りの剣であった
その剣を手にしたリンクは、ゼルダと同じく『宿命』と『運命』に巻き込まれる事になる
また、同時にゼルダは分厚い雲の下、『大地』にいる事が解った
しかし、リンクは一つの決意があった。『大地へと降り立ってゼルダを助ける』と
そしてリンクは広大な冒険の旅へと出るのであった…

と、言うのが大きなストーリーである
実は言うとここまで行くのに結構長い道のりがあったりする訳なのだが…
では、次に移ろう

・操作はWiiリモコンプラス(Wiiリモコン+Wiiモーションプラス)とヌンチャク
さて、スカイウォードソードは完全なWiiリモコンプラス(Wiiリモコン+Wiiモーションプラス)とヌンチャクでの操作である。Wiiリモコンしかない人はWiiモーションプラスかWiiリモコンプラスを購入しよう
リモコンのスティックで移動。Wiiリモコンを振る事で剣で斬る事が出来る
ヌンチャクのZボタンを押すと注目、ヌンチャクを前に突き出すと盾を構える事が出来る
今作の盾は消耗品であり、攻撃を受ける度に耐久力が減り、最終的には壊れてしまうので注意が必要だ
ヌンチャクのCボタンで辺りを見渡す事が出来る。これが基本の操作である

・更に詳しく操作を
剣はWiiリモコンを振る方向によって軌道が変わる
先ず縦に振ると縦斬り、横に振ると横斬り
斜めに振ると斜めに斬る事が出来る。右斜めか左斜めかは振る方向で変わる
前に突き出すと突きを出す事が出来る
ヌンチャクのZで注目しながらリモコンのAでジャンプした後、剣を振るとジャンプ斬りが出来る
そしてヌンチャクとWiiリモコンを同時に横に振ると回転斬りが出来る
また、ヌンチャクとWiiリモコンを同時に縦に振ると縦に回転斬りが出来る
雑魚敵に回転斬りの様な強力な技を当ててダウンを取ると、止めをさす事が出来る
操作はダウン中にヌンチャクとWiiリモコンを同時に縦に振るだけである
ただし、うかうかしていると直ぐにダウンから復帰するので素早く止めをさそう
上手く大技が当てられない時は盾を使うのも一つの手である
盾は敵の攻撃にタイミング良くヌンチャクを突き出すと攻撃を弾く事が出来る。この時、盾の耐久値は減らない
そうすると敵は隙だらけになり、大技を当てる事が出来る
また、敵の弾などを弾き返すのもこの方法を使う。積極的に練習をしよう
これらのテクニックを駆使してリンクを自由自在に動かそう

・がんばりゲージに注意
さて、このゲームには「がんばりゲージ」と言う物がある
がんばりゲージは
・Aボタンを押しっぱなしで走る
・ツタなどに掴まって移動をする
・重い物を押す
などをすると減少してしまう
全て無くなってしまうと『がんばりゲージ』が最大値まで回復するまでフラフラになるので注意をしよう
がんばりゲージはゲージを使わない行動をすると回復するので、こまめに残量を確認しよう

・ポーチを上手く活用しよう
今回は小物は『ポーチ』に入れられる様になった
例えばあきビンや盾、持続アイテムなどが入れられる
しかし、ポーチに入れられる個数は限られている
使わないと思った小物は預かり屋さんで預かって貰おう
ポーチの中に何を入れて、何を預けるかも考えるのも攻略のポイントである

・大空へ羽ばたけ、ロフトバード
さて、しばらく進めるとロフトバードに乗る事が出来る
ロフトバードに乗る方法は飛べる足場から走ってジャンプをしてWiiリモコンの下を押すとロフトバードを呼ぶ事が出来る
ロフトバードの操作はWiiリモコンを水平にした状態で左右に捻ると旋回。振ると上昇し、下へ傾けると急降下が出来る
またAボタンでアタックが出来る。もちろん使用回数があり、使用しても放って置けば回復する
このロフトバードの操作も非常に癖が強いので、慣れるまで頑張ろう

・アイテムをアップグレード
さて、リンクが持っているアイテムはアップグレードさせる事が出来る
冒険に使うBボタンアイテムや盾や薬。それらをアップグレードさせる事が出来る
Bボタンアイテムや薬は性能が上がったり、盾は耐久力が上がる
しかし、アップグレードの為にはアイテムとお金が必要である
アイテムは虫取り網で捕まえたり、敵が落としたりと様々である
アップグレードをして、冒険を更に有利に進めよう

・物を探す時はダウジングで
冒険を進めると、フィールド上で何かが必要になる場合がある
その時に活用するのがダウジングである
Cボタンを押しっぱなしにしてダウジングをする対象をWiiリモコンで選べばOK
後はサークルの大きさ、音を頼りに目的の物を探す訳である
ダウジングは基本、物語を進める為に重要な物を見つける為にあるので、頑張って探すべし

・困った時のシーカーストーン
スカイロフトにはシーカーストーンと言う物がある
シーカーストーンはこれから冒険を進めて行く上でのヒント映像を見る事が出来る
『どうしても解らない』、『どうしても解けない』と言う時にお世話になると良いだろう
もちろん、『使わない』と硬派に進めるのも構わない
使うか使わないかはプレイヤー次第である

・総評
さて、今回の『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』ではあるが、非常に癖が強い作品である
先ず、操作が完全にWiiリモコン+ヌンチャクと言う操作なので始めてやる時は上手く動かせずにやきもきする事になる
場合によっては雑魚戦でも上手く進められないと言うケースもあるだろう
更に、今回は様々な仕様変更がある
先ずはポーチの存在である。『入れられる小物の数が限られている』ので、『この場所ではこのアイテムを持っていって』と言う選択が必要である
また、盾もポーチの中に入っており、いざ防御と思っても一度ポーチから出さないといけないので少々手間取りやすい
更に、ポーチから薬などで回復しようとしても、従来の様に時間は止まらずリアルタイムで進行するので使うタイミングを考えなくてはならない。最も、薬を飲む場合は移動も出来るのでタイミングよく飲みながら移動をしなければならない
また、新たな場所へ降りても基本的に『ダウジングで物を探す』と言うのが物語の流れである
ハッキリと言うと、非常にめんどくさい。いちいち物を探さなくてはならないし、『反応はあるけどどう行ったら解らない』と言う事態に陥りやすいとも思う
が、それ以外の面はと言うと世界観は悪くは無い。完全に独立した世界観は今までのゼルダシリーズをプレイした身としては新鮮さを覚える
上記のマイナス点も慣れてしまえばマイナス点にならなくなり、非常に楽しく遊ぶ事が出来る
また、ダンジョンの難易度も歯ごたえ十分で頭を捻って仕掛けを解くのが非常に楽しいのである
マイナス点もあればプラス点も多い。新たなゼルダとして認知すれば非常に面白いと思うが
如何であろうか

追伸:任天堂公式発表により『特定の行動をすると物語の進行不能のバグが発生する』のでプレイをする際には注意をしましょう
  1. 2011/12/17(土) 18:01:41|
  2. ゲームレビュー(Wii)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<7つの変身で突き進め! | ホーム | 新たなる戦国祭り 宴>>

コメント

>>きみき様
どうもこんばんはです。
そしてコメントの方、ありがとうございます。
リンク先のブログを確認しましたが、ゼルダの伝説 スカイウォードソードに関するブログの様ですね。
こちらは主にゲームレビューを中心としており、攻略に関しては一部しか行っていません。
なので、少々趣向違いになると思います。
とは言え、折角の相互リンクのお誘いです。趣向違いとは言え、ゲームに関する事を中心に行っているのは変わらないのでこちらは一向に構いませんよ。
では、ブログの方を張らせてそちらのブログへもコメントをさせて頂きます。では
  1. 2011/12/22(木) 19:47:36 |
  2. URL |
  3. 管理人 #Z2GY12Aw
  4. [ 編集]

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒http://zeskywardsword.blog.fc2.com/
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
  1. 2011/12/21(水) 15:42:21 |
  2. URL |
  3. きみき #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/307-a97196f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。