シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナムコキャラとカプコンキャラの夢の共演

さて、ゲームレビューも区分分けが完了した次第である
と、言う訳でかなり古いソフトもレビューしたいと思う
今回はこちら
namcoXCAPCOM
『namcoXCAPCOM』である
発売当初はナムコとカプコンが共演してシミュレーションRPGを作るとは思わなかったが…(とは言え、カプコン自体、他の会社に自社キャラをゲスト出演させるのが好きな会社だが)
では、早速レビューに入りたいと思う

・ゲーム概要・ストーリー
10年前の東京渋谷。ここで二つの組織が衝突した
一方は“ゆらぎ”と言う空間の歪みを使い、異世界への門を開き、世界を混沌に導こうとする「逢魔」
一方は古来より人に害をなす魑魅魍魎と言った異界の存在と多々い続けてきた政府直属の特務機関「森羅」
完全に封鎖された渋谷での戦いは熾烈を極め、集結する

そして10年後、世界各地で確認された“ゆらぎ”
10年前の戦いにより「閉鎖指定都市」を受けた渋谷

この街に足を踏み入れた森羅のエージェントである有栖零児と小牟(シャオムゥ)は突如、襲撃を受ける
物語は全てこの街から始まった。様々な出会いと戦いの果てにある物
暗躍する「逢魔」や数々の組織の目的は…

と、言うのが簡単なストーリーである。では、次にゲームの流れを

・基本的なゲームの流れ
基本的なゲームの流れはこんな感じである
1:会話イベント:キャラクターが会話を物語を進めて行く。○ボタンで進める事が出来る、R1ボタンを押しながら○ボタンで早送り、スタートボタンでスキップが出来る
2:出撃画面:ユニットを選んで出撃させる事が出来る。任意のユニットを選んで人数分、赤いマスの中に自由に配置出来る。シナリオによっては省略される
3:ステージ攻略:ステージの攻略を行う。ステージが始まるを勝敗条件と敗北条件が表示される。この条件はイベントで変更される事がある。内容について詳しくは後で説明をしよう
4:ステージ準備画面:ステージクリア後に挟まれる画面。これも後で説明をする

と、こんな流れである。では、ステージ攻略について説明をしよう

・基本は移動、攻撃。順番はAP
ステージ攻略の基本はユニットを掴んで移動をして攻撃である
移動は移動力が関係し、攻撃は攻撃範囲が関係している
攻撃範囲は黄色のマスが遠距離攻撃、赤いマスが近距離攻撃である
また行動前にはスキルやアイテムを使用する事が出来る
スキルはキャラクターによって様々な恩恵を受ける効果がある
スキルには『Autoスキル』と『MP使用』の物がある
『Autoスキル』は覚えると常にスキルの効果の恩恵が受けられる
『MP使用』はMPを消費して使うスキルである。そのターン限りの物もあれば数ターン持続する物もある
アイテムはそのまま、ステージ準備画面で装備したアイテムを使う事が出来る
どのスキルもアイテムも元ネタを知ればニヤリとする物ばかりなのでファンならばチェックをしよう
行動順番はAPが関係する。APが10まで溜まると行動が出来る様になる
APは移動や攻撃、防御行動により減り、防御戦闘での防御エクストラで回復する
また、ステージフェイズがカウントされると自動的に敵味方全てのAPが1回復する
ステージフェイズはAP10のキャラクターがいない場合にカウントされる
AP10になったキャラが複数いる場合はステータスの速度が速い順に行動が出来る
また、ステージには宝箱があり近接して破壊する事が出来る。「破壊」スキルの無いユニットはAPを消費して破壊して待機をする。なるべく、「破壊」スキルのあるユニットで宝箱を取ろう
次は実際の戦闘である

・戦闘は方向キー+○で行う
さて、戦闘である。戦闘に入る前は現在に自軍ユニットと敵軍ユニットの状況を見る事が出来る
また戦闘開始前には左右でアイテムやスキルを発動させる事も出来る
それらの準備を終えたら、通常戦闘は『戦闘開始』で戦闘に入る
その前に技リストを見る事が出来る。技にはそれぞれ属性があり、ユニットによって威力上昇や威力低下の効果がある
緑は属性の恩恵を受けない。赤は威力が下がる属性。青は威力が上がる属性である
それを見た後に戦闘画面に入る
戦闘は初めにユニットの始動技が入り、その後は方向キー+○ボタンで技リストに載っている技を繰り出す事が出来る
攻撃回数はブランチと呼ばれる物で決まる。ブランチの表示分だけ攻撃が出来る
また、敵を落とさずに攻撃(エリアルヒット)を続けるとボーナスが入る
エリアルボーナスは以下の通り

ダメージアップ:敵に与えるダメージが上昇。トータルダメージが青く表示されている間、効果がある
ブランチアップ:アイコン一個につき、ブランチ数が一つプラス
必殺ゲージアップ:必殺ゲージの上昇率が一定時間アップ
アイテムゲット:アイテムを入手する。アイコンが増えると最大四段階までアイテムの質が上昇する
経験値ゲット:戦闘終了後、アイテムゲット以外のアイコン数×10が通常の経験値にプラスされる

更に、攻撃はニュートラル○、左+○、上+○、右+○、下+○と分かれており、「全ての攻撃を繰り出す」と攻撃エクストラが発生し、「HP回復+気絶値小回復」や「MP回復」のボーナスがある
また、必殺ゲージが最大まで溜まると△ボタンで必殺技を出す事が出来、相手に大ダメージを与える事が出来る

戦闘は「ブランチ数が0になる」か「一定時間攻撃をしないでカウントを0」にすると強制的に終了になる
もし、「レベルが低いキャラで倒して、レベルを上げさせたい」場合はギリギリまでHPを削って攻撃しないで戦闘終了させるのも良いだろう

戦闘方法は様々。威力が高かったり属性恩恵を受ける攻撃だけを使ったり、ヒット数の多い技でブランチアップを狙って攻撃回数を増やしたし、満遍なく攻撃して攻撃エクストラを狙ったりと様々工夫をしよう

・時には防御も必要
さて、今度は防御である。敵軍ユニットが自軍ユニットに攻撃を仕掛けると以下の様なコマンドが出る
・ノーガード:APを消費しないが、ダメージが大きい。必殺値と気絶値が溜まりやすい
・通常防御:AP1消費して敵の攻撃を半減する。必殺値と気絶値は溜まりにくい
・味方がかばう:攻撃されるユニットに隣接しているユニットに「かばう」スキルがあると代わりに攻撃を受けて貰う事が出来る。AP1消費
・戦闘回避:AP1、必殺値10消費して戦闘を回避する。戦闘画面に入らないが追撃で20%~50%のダメージを受ける
・その他防御方法:所持スキルによって異なる。以下の方法がある
 ・防御カウンター:その場で敵の攻撃を受け止めカウンターをする
 ・回避カウンター:その場で敵の攻撃を回避してカウンターをする
 ・完全防御:敵の攻撃を完全防御してダメージを受けない
 ・回避:敵の攻撃を回避してダメージを受けない
と、この四つがある。方法によって消費するAPと必殺値が違うので注意をしよう

ノーガード、通常防御、味方がかばうでは戦闘画面に入って敵が攻撃をしてくる
この際に十字キーが表示され、上下左右どれかが緑に染まる。この間に方向キーを入力すると「GOOD」と表示され、十字キーの下のバーが増える
失敗すると「BAD」と表示され、バーは増えない
敵の攻撃回数の50%以上入力成功するとAPが1回復、80%以上でAPが2回復する
緑になるタイミングは様々で当たった瞬間や攻撃を放った瞬間、攻撃の最中と様々あるので、気を抜かずに的確に入力をしよう

この流れで戦闘は続いていく。もちろん敵の増援、味方の援軍、戦闘終了後の会話イベントもあるのでじっくりと物語を楽しもう

・一人で複数、協力して攻撃するMA攻撃
ユニットの中には協力をして攻撃するMA(マルチプルアサルト)攻撃がある
MA攻撃には以下の種類がある
・単体・複数同時攻撃:一人のユニットが複数の敵ユニットを攻撃出来る
・協力・単体攻撃:3マス以内にいる2~3人のユニットが敵1ユニットを攻撃する
・協力・複数同時攻撃:3マス以内にいる2~3人のユニットが複数の敵を攻撃する
どのMA攻撃もMPを消費し、協力の場合は全てのユニットがMPを消費する
また、協力攻撃の場合、最初に選んだキャラのみKOした場合の経験値やアイテムが貰えるので注意をしよう

・戦闘が終わったら、次のシナリオの前に準備を
さて、戦闘が終了したら今度はステージ準備画面に入る。ステージ準備画面には以下の項目がある
・ユニット一覧:現在の味方ユニットを確認できる。ユニットによっては「その場で仲間にならずに去っていくユニット」もいるので、仲間になったかどうか確認をしよう。その場で仲間にならずとも後々仲間になるので安心を…
アイテム一覧:アイテムの効果や現在の所持数を確認出来る
ショップ:ゲームを進めるとメニューに追加される。ショップの店員はステージ内容によって異なり、扱っている商品も違う場合もある
装備:アイテムを装備する。アイテムは「装備アイテム」と「消費アイテム」に分かれている。「装備アイテム」はステータスアップや属性耐性、移動力の上昇、攻撃範囲の拡大、BURANCH回数の上昇を様々あるので「どのキャラにどんな装備をさせるかを考えて装備をさせよう」。「消費アイテム」は「使ったらそれっきり」のアイテムである。HP回復やMP回復、状態異常の回復などがあるので「MP消費が多いからMP回復を多めに」や「HP回復スキルが無いのでHP回復を」とユニットに合わせて装備をさせよう
・トレーニング:ユニットを選んでトレーニングを行う事が出来る。BAモードは「木人」を相手に実際に戦闘を行う事が出来る。遠距離攻撃か近距離攻撃、ブランチ数の有無も設定出来る。ここでコンボの練習をするのも良いだろう。MAモードはMA攻撃出来るユニットを見る事が出来る。ただし、詳細を見る事が出来るだけで攻撃画面を見る事は出来ない。チュートリアルモードはゲームシステムや用語を見る事が出来る
・オプション:ステレオやモノラル、BGMやSE音量、振動の有無を設定できる
・データ:セーブデータを保存できる。やる事を終えたら必ずセーブをしておこう

・総評
さて、この「namcoXCAPCOM」であるが、「及第点」と言う印象が強い
先ず戦闘ではあるが「殆どの戦闘を必ず見る必要がある」と言う点がマイナスである
防御戦闘も「防御エクストラ」の獲得の為には必ず見る必要があり、コマンドも入力しなければならない
したがって、1ステージ辺りのプレイ時間が非常に長くなるのである
また、戦闘も「ヒット数の多い武器でブランチアップを狙う」に偏りガチになり、単調な戦闘が続くのも辛い
BGMに関しては、ナムコ側もカプコン側も味方ユニットは「各種テーマ曲」を揃えているのが非常に良い
大きなアレンジは施さず、原作曲が直ぐに解るのが非常に良い点である
因みに、二人ユニットは「防御側」がテーマ曲になる。ただし例外としてブルース&レジーナは「防御側」はブルースではあるがテーマ曲はレジーナ(ディノクライシス)である。まぁ、これはバイオハザード系に戦闘系の音楽が少ないのが原因だが
ただ、製作がナムコ側なので所々、キャラクターの設定や技名が間違っている面が多い(例:ヴァンパイア系の強化必殺技の名前が「EX○○」。ヴァンパイアシリーズの「EX攻撃」はいわゆるスーパーコンボに当たり、強化必殺技は「ES○○」である。ストリートファイターⅢの強化必殺技と混同していると思われる)
悪い面ばかりも多いが、良い面ももちろんある
カプコン側もナムコ側も掛け合いボイス、イベントボイスが多い
戦闘結果のHPの残量によっても台詞が異なっているのでついつい聞き入ってしまう
また、会話イベント、ステージイベントもキッチリとファンのツボを刺激する物が多く、シナリオタイトルを「そのキャラクターが元ネタでタイトルコール」を行う場合もある
知れば知るほど、ネタが豊富である
そして主人公二人、零児は無難だが小牟が色んな意味で良いキャラ過ぎる。ネタ的にもイベント的にも
パロディの満載で、一つ一つ上げたらキリが無いほどのネタを兼ね備えている
私的に、好きなキャラクターの一人でもある
尚、namcoXCAPCOMのディレクターである森住惣一郎はスーパーロボット大戦IMPACTのプロデューサーの一人である。その為、IMPACTの主人公であるキョウスケ・ナンブとエクセレン・ブロウニングと有栖零児と小牟は非常に酷似している
その所為か、無限のフロンティアでは小牟がエクセレンの口癖を真似るシーンもあったりする
ついでに、キョウスケの中の人はナムカプではリュウ、御剣平四郎役。エクセレンの中の人はナムカプではトビ・マスヨ、片那役をしていたりする

この作品が切欠で零児&小牟は「スーパーロボット大戦OGサーガ 無限のフロンティア」及び「スーパーロボット大戦OGサーガ 無限のフロンティアEXCEED」にもゲスト出演をしている
更には小牟は「勇現会社ブレイブカンパニー」にまでゲスト出演を果たしている(3DS版に出演しているかは未確認)。名実ともにナムコの看板キャラの一人となったと言えよう
プレイ時間が長く、苦行も多いがその分、ネタが豊富でナムコ・カプコンファンにはたまらないイベントが多いのでプレイしてみるのも良いと思うが
如何であろうか
  1. 2011/11/17(木) 15:24:47|
  2. ゲームレビュー(その他ハード)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俺より強い奴が掌に | ホーム | 歯医者の思い出は恐怖か否か…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/302-dd69823d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。