シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新旧ジャンプキャラのお祭り騒ぎ。これが究極の競演!?

さて、ゲームレビューである。
と、当初は「ELITE BEAT AGENTS」をレビューする予定であったが、それよりも前に購入したソフトを再購入したので、そちらのレビューをしたいと思う。
と、言う訳で今回はこちら
ジャンプアルティメットスターズ
『ジャンプアルティメットスターズ』である。
前作に『ジャンプスーパースターズ』があるが、今は所持をしていないので割合させて頂く。
では、いつもながら追記から…

・ゲーム概要、ストーリー
前作(ジャンプスーパースターズ)で平穏を取り戻したJ(ジャンプ)-WORLD。
しかし、再びJ-WORLDに脅威が迫る。
J-WORLDが何者かに粉砕され、失われてしまったのである。
このままではJ-WORLDの力が失われてしまい、ジャンプを楽しむ事が出来なくなってしまうのだ。
僅かに残ったJキャラクター達と共に、プレイヤーはJ-WOLRDを救う事が出来るのであろうか…。

と、言うのが今回のストーリーである。
では、早速レビューに入ろう。

・前作からの変更点
さて、前作からの変更点を紹介したいと思う。
とは言え、前作のレビューを行っていないので、紹介するのはおかしいと思うが…一応と言う事で。

・ダッシュ攻撃の廃止及びダッシュの追加
→→(←←)攻撃ボタンで出す事が出来たダッシュ攻撃が廃止され、→→(←←)でダッシュをする事が可能になった。

・ヘルプコマの仕様変更
ヘルプコマの仕様が『触れると即座にバトルキャラクターに補助を行う』から『バトルキャラクターに様々な効果を付加する』に変更された。恐らくヘルプコマが万能すぎてサポートコマの意味が無くなったからであろう。

・友情、努力、勝利コマ及びスーパータッグの廃止
ヘルプコマが『タッチで使う』で無くなった為上記の三つのコマが廃止され、同時にスーパータッグも廃止される事になった。特定バトルキャラ同士の特殊スーパータッグを見たい場合は前作を購入するしか無い。

・サポートコマ、バトルコマの入手方法
前作はゲーム中に入手した穴の空いた白黒のコマに対応するヘルプコマを挿入する事によりサポートコマ、バトルコマを入手する事が出来たが、今作はヘルプコマに『Jパワー』を注入する事によってサポートコマやバトルコマを入手する事が出来る様になった。前作は解らない物は(ヒントはあるものの)総当りでやらないくてはならない場合があったので非常に易しくなったと言える。

・リーダー指定、LRシールの追加
前作ではLRはガードボタンであったが、今作ではシールと言う物が追加された。
先ずはリーダーシール。これを張らないとデッキとして成立しなくなる。
リーダーになったキャラの特典は
・HPが若干増える
・ポイントバトルの際、リーダーキャラでKOすると通常1点入る所が2点入る様になる
である。次はLRシールである。これはいわゆる便利ボタンと言う物である。
バトルやサポートに貼り付けるとLやRが画面をタッチしたと同様の効果を及ぼすのである。
使いやすいサポートに貼り付けたり咄嗟にバトルキャラをチェンジしたい場合に重宝する物である。

・Wi-Fi対応になっている
Wi-Fi対応になっており、全国のプレイヤーと対戦をしたり、フレンドコードを交換したプレイヤー同士で対戦をする事が出来る。これで周りに持っている人がいなくて対戦が出来ないと言う事態には起こらないが…。

と、前作からの変更点はこんな所だろう。では、次に基本操作に移ろう。

・基本的な操作方法
基本的な操作は左右で移動、Aでジャンプ、空中でAで二段ジャンプである。
また前述の通り、左右に素早く二回押す事でダッシュをする事が出来る。
ガードは下ボタンで行う事が出来、ガード状態でXボタンを連打すると押し返し、いわゆるアドバシングガードが出来るのである。
さて、次は攻撃方法である。Bボタンで弱攻撃、Yボタンで強攻撃、Xボタンで必殺技だ。
弱攻撃はニュートラル、前、上の三種類、強攻撃も同じく三種類である。必殺技はニュートラルと上の二種類だ。
ニュートラル弱攻撃は前、上弱ボタンでキャンセルが出来、弱攻撃は強攻撃でキャンセルできる。もちろんニュートラルの強攻撃は前、上強でキャンセルが可能であり、強攻撃は必殺技でキャンセルが可能である。
これらの一連の流れがチェーン攻撃である。とは言え、全てが弱→前弱→強→前強→必殺技と上手く繋がらない場合もあるので注意が必要だ。これは実際にキャラクターを操作して確かめるべし。
さて、今度は下ボタンを押しながらBを押すとキャラチェンジ攻撃が出来る。相手の操作キャラクターを変更する攻撃だ。更にキャラチェンジ攻撃は強攻撃でキャンセルが出来る。
続いて下ボタンを押しながらYでガード崩し攻撃。ガード不可の攻撃を行う事が出来る。こちらは必殺技でキャンセルが可能である。
さて、次は下画面を利用した攻撃である。現在のバトルキャラをタッチするとドリームコンボと呼ばれる攻撃が出来る。そのまま続け様に別のバトルキャラを推せばドリームコンボが継続され、『最後に一番最初にタッチしたバトルキャラをタッチする』事でドリームコンボが完成する。最後のキャラは必殺技で攻撃をする。
さり気に十字キーの上を押すと上必殺技が出てくる事も覚えておくと良いだろう。
このドリームコンボは5回(基点~〆の必殺技まで)まで継続させる事が可能である。もちろんその分のバトルキャラが必要となるが…。
これらの操作方法を駆使して有利にゲームを進めるべし。

・属性と相性
さて、このゲームのキャラクターやサポートキャラの技には属性がある。
「力」、「知」、「笑」の三種類だ。
「力」は「知」に強く、「知」は「笑」に強く、「笑」は「力」に強い。
この様な相性があり、相性で勝っているキャラやサポートがバトルキャラに攻撃を当てると通常オレンジのヒットエフェクトが青になり、ダメージが1,5倍になる。
しかし、相性で負けても与えるダメージが減ると言う事は無いので、上手く立ち回れば相性負けしていても勝てる場合もある。
なるべく、相性で勝てる様なデッキ編成を考えておくと良いだろう。

・ゲームルール
さて、ゲームのルールである。このゲームは三種類のゲームルールが存在する。
それを順番に紹介しよう。

・ポイントバトル
一番ポイントの高いプレイヤーが勝利。相手のHPを0にしてKOするかするかリングアウト(地面が無かったり枠を破壊して落とせる空間を作った場合)場合にポイントが入る。通常は1ポイント、リーダーの場合は2ポイント入る。逆にKOされたりリングアウトさせられると-1ポイントとなりKOされたキャラは下画面で黒っぽく表示される。キャラクターにある青いバーはHPを現しており、交代をしたりKOされた場合徐々に回復する。KOされたキャラは最大まで回復するまで復帰が出来ない用になっている。また全滅するとバトルキャラクター全員のHPが全回復するが更に-1ポイント減点されてしまう。

・バトルロイヤル
最後まで残っていたプレイヤーが勝利である。KOしたりリングアウトしたキャラクターは復帰出来ない様になっている。最もシンプルなルールなのでWi-Fi対戦で殆どがこのルールを選んでいる。

・シンボルバトル
特定のシンボルを多く所持しているキャラクターの勝利である。シンボルは相手キャラクターをKOするかリングアウトする事により複数所持していた場合、一個だけ飛び出してくる。リングアウトの場合一定時間経過してから画面に出てくる。また、全滅すると複数持っている場合でも全てシンボルを吐き出してしまう。またプレイヤー数+1(四人なら5個)のシンボルを入手した時点で自動的にそのプレイヤーの勝利となる。
地味な所為か誰にも選ばれないが、このシンボルバトルが個人的に奥が深いを思っているのだが…。

・自分だけのオリジナルデッキを作ろう
さて、ゲームを進めるとヘルプコマを入手してデッキを作る事が出来る様になる。
デッキは縦4マス、横5マスの計20マスで構成されている。
バトルコマは最小4コマ~8コマ(最大数はキャラによって違う)。
サポートコマは2コマ、3コマ。
ヘルプコマは1コマである。
この三種のコマを必ず一つはデッキに含めなければならない。最後にリーダーシールを貼ればデッキの完成である。
さて、このデッキ編成は基本的に自由である。
バトルキャラも多く入れるのも良し、少なくしてヘルプコマで増強するのも良し。
プレイスタイルは自由である。

・総評
さて、このゲームではあるが『キャラクターゲームとしては非常に出来が良い』のである。
原作ファンならば『これはここで使ったあの技だ!!』と非常に細かくキャラクターが描かれているのである。
ドット絵だが、キャラクター達が非常に生き生きとしていて操作が非常に楽しいのである。
しかし、『アシストありき』な対戦物の宿命か、ゲームバランスは非常に悪い。
致命的なバグがあったり、一部バトルキャラクターが強すぎると言う物もある。
Wi-Fiに繋いで対戦をすると皆して使い勝手の良いサポートコマばかりだったり、同じ様なキャラクターばかりである。
更には改造を施してキャラクターの必殺技を使い放題にしたりなど散々である。
もし、Wi-Fiで対戦をする場合は(今もあるか解らないが)プレイヤー同士がある程度交出来る場所でやった方が良いだろう。
キャラクターゲームとしては非常に満足度が高いが…
如何であろうか

さて、最後に参戦作品を紹介して終わろう
アイシールド21(サポートのみ)
I's(サポートのみ)
いちご100%(サポートのみ)
家庭教師ヒットマン REBORN!
キャプテン翼(サポートのみ)
銀魂
キン肉マン
こちら葛飾区亀有公園前派出所
コブラ(サポートのみ)
魁!!男塾
地獄先生ぬ~べ~(サポートのみ)
シャーマンキング
ジャングルの王者 ターちゃん(サポートのみ)
ジョジョの奇妙な冒険
SLAM DUNK(サポートのみ)
聖闘士星矢
太臓もて王サーガ(サポートのみ)
D,Gray-man
DEATH NOTE(サポートのみ)
テニスの王子様(サポートのみ)
Dr.スランプ
とっても!ラッキーマン(サポートのみ)
DRAGON BALL
NARUTO -ナルト-
NINKU -忍空-
HUNTER×HUNTER
ピューと吹く!ジャガー
武装錬金
BLACK CAT
BLECH
封神演義
北斗の拳
ボボボーボボーボボ
魔人探偵脳噛ネウロ
みどりのマキバオー(サポートのみ)
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所
遊☆戯☆王
幽★遊★白書
るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-
ろくでなしBLUES(サポートのみ)
ONE PEICE
  1. 2010/11/03(水) 19:56:01|
  2. ゲームレビュー(NDS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<破界 | ホーム | サクラマウ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/274-e13a3746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。