シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分だけの街を好きな様に作ろう

さて、今回のレビューはこちら
シムシティDS
『シムシティDS』である。
このブログにあるプレイ日記は『シムシティDS2』の方であるが、今回は前作に当たる方をレビューしたいと思う。
この『シムシティDS』は元々はPC用ソフトの『シムシティ3000』をDS用にアレンジして発売した物である。
PC版をやった人からすれば少々物足りないかも知れないが、それでも十分街作りの楽しさを味わえる作品である。
では、内容は追記から…。

・ゲーム概要
『自分だけの街を作ろう』

基本はこれだけであるが、明確にゴールを示すなら

『最低限50万人を目指そう』
というべきであろう。
兎に角、好きに街作りが出来る訳である

・操作は全てタッチペンで
シムシティDSは操作は全てタッチペンで行う事が出来る。
一部、十字キーを使って操作する所もあるが、基本使う必要が無いのである。
これにより直感的に街作りをする事が出来る訳である

・基本はRCI
さて、このシムシティの街作りに当たっての基本はR(住宅)、C(商業)、I(工業)である。
画面には常にRCIのバランスメーターが表示され、『どの需要が最も高いか』を示している。
このRCIのメーターを元に街作りを進めていく訳である。

・電気の供給とインフラ整備
さて、建物を建設しても電気が通らなければ意味が無い。
なので、発電所を立てる必要がある。発電所から5マス以内ならば電線を立てる必要は無い。
それ以上離す場合は電線が必要なので注意をしよう。
また、発電所は使用量が高くなっていくと爆発してしまうので注意が必要である。
逐一、使用量をチェックして高くなったら発電所を増設していくべし。
さて、電気の次は交通網である。使えるのは道路と線路である。
道路は安価ではあるが、交通渋滞を発生させ環境汚染に繋がる事もある。
線路は道路より高いが大量に人や物を運ぶ事が出来、汚染も少ない。ただし、駅を作る必要がある。
どちらも一長一短であるが、基本は道路で街を作り、それを補助する様に線路を引いていくのがコツである。

・最大の敵である環境汚染対策
さて、この最大の敵は環境汚染である。
汚染は地価を低下させ、それに伴い人口を減らしてしまう物である。
初期の頃に立てられる発電所や工業地区から汚染が発生する。
なので、汚染の発生源はなるべく住宅地区や商業地区から離す様に建設をしよう。

・住人の要求に応える
さて、ゲームを進めていくと市長室に様々な住人がやってくる。
彼らは様々な要求をプレイヤーに与えてくる。
病院が少なければ病院を立てて欲しい、交通網を良くして欲しい、動物園を建てて欲しいなど様々である。
これらの要求はプレイヤー自身が受けるか受けないかを決定する事が出来る。
要求を受けて建てない、と言う事も可能ではある。
ただし、近隣契約は別でありこの場合は『任期を満了するか条件を満たせなくなる』まで継続される。
もし、やりたくない近隣契約があれば断りを入れておくべし。

・都市を救ってランドマークを入手
さて、シムシティDSには本編とは別に『都市を救え』と言う地方を舞台にしたシナリオがある。
『都市を救え』ではセーブする事は出来ず、自らの腕だけでシナリオをクリアしなければならない。
シナリオをクリアすると『クリアした地方の県のランドマーク(城)』を入手する事が出来る。
なので、もし自分の県の城がどんな物か知りたいのであれば積極的にクリアするべし。

・最終的には
『最低限50万人を目指す』。一応、これが一つの目標点である。
あくまで、目標点であってゴールでは無い。
シムシティDSは『プレイヤーが好きな様に街を作る』と言うのが最大の目的である。
碁盤の様に敷き詰めて『どれだけ人口を増やせるか』に挑戦しても良し
公園や森林などを作って『景観都市を作る』のも良し
全てはプレイヤー次第なのである。

・総評
さて、冒頭でも説明した通り、『シムシティDS』は『シムシティ3000』のDS用アレンジ版である。
その為、『シムシティ3000』の様な自由度は無く、本当に『箱庭ゲー』と言う感覚が強い。
ただ、それで街作りが面白くないかと言えばそうでは無く、立派にDSで手軽に楽しく街作りが出来る。
タッチペンで直感的に作る事が出来るので、『シムシティシリーズは敷居が高い』と思っているプレイヤーでも安心してプレイが出来る。
タッチペン操作で置く場所を間違えてもアンドゥ(一つ前の状態に戻す)させる事が出来るのも嬉しい。
が、除去だけは一つ前に戻す事が出来ない。それが謎である。
また、住民からの要求が非常に多く一つ応えたらまた一つと際限なくやってくる。
こればかりはイライラの対象となるだろう。
また、都市が発展して大きくなるとスタート画面からロードするのに時間がかかり、また全体的に動作が僅かながら重くなってしまう。
タッチペンミニゲームも最初の財政難の時には少しの助けになるが、後半になって収入が多くなると邪魔になってしまうのもマイナス点である(最も、タッチペンミニゲームはOFFに出来るが…)。
マイナス点が多少あるが、シムシティシリーズとしての出来栄えは良いのでDSで街作りがしたいと言う人物は手にとって欲しいのだが…
如何であろうか
  1. 2010/09/05(日) 21:06:15|
  2. ゲームレビュー(NDS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生存報告&現状 | ホーム | 二人の主人公で魔城を探索せよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/271-234f00e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。