シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二人の主人公で魔城を探索せよ

さて、いつもながらのゲームレビューである。今回はこちら
悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス
『悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス』である。
DS悪魔城ドラキュラシリーズの第二弾である。
さて、入る前に簡単なこのシリーズの基礎知識を…。
前作は『悪魔城ドラキュラの系譜で最も新しい年代』の話である。
今作は、1944年と第二次世界大戦中の話である。
さて、実は悪魔城ドラキュラのシリーズと一つとしてメガドライブで『ヴァンパイアキラー』と言うタイトルで発売している。
もちろん、2Dスクロールの面クリ型の時代に発売されたので、もちろん2Dスクロールではあるが、この作品は『ヴァンパイアキラー』と繋がる様な設定となっている訳である。
さて、基礎知識を披露した所でレビューに行こう。
では、追記から…

・ゲーム概要・ストーリー
1944年、世界規模で起こった二度目の大戦は世界に数多の負の感情を生み出していた。
そんな数多の人間の魂や負の感情は古来より災いをもたらす魔城、『悪魔城』を出没させた。
主人公である、ヴァンパイアキラーを受け継いだジョナサン・モリスとその幼馴染であるシャーロット・オーリンはその悪魔城へと挑む事になる。
かつて、ジョナサンの父親が親友と挑み、そして魔王ドラキュラを打ち倒したその城へ…。

と、ストーリーはこんな感じである。
では、ゲーム内容へと移ろう。

・基本事項は前作と同じ
基本的な事は前作と同じである。二画面によるマップの表示やステータスの確認などは仕様は同じである。
なので、前作をプレイした人はすんなりと入っていけるであろう。
今作から入っても便利さはそのままなので安心してプレイをしよう。

・プレイヤーは二人で交代をしながらプレイを
さて、今作の主人公はジョナサンとシャーロットの二人である。
今作はXボタンを押すとプレイヤーキャラクターを交代する事が出来る。
簡単に特徴を言えば

・ジョナサン
豊富な武器を扱う事が出来、サブウェポンを使って攻撃をする事が出来る。
基本的に攻撃力が高く、様々な攻撃方法のあるサブウェポンを駆使して戦う事になる。

・シャーロット
武器は少ないが、特殊な魔法を使う事が出来る。
攻撃力は低いが、属性を持った魔法や身体能力を上げたり召還や変身したりする魔法を使う事が出来る。
その為、弱点属性を持つ魔法で攻撃をしたり、変身により狭い通路を通ったり飛行して移動をする事が出来る。

と、この様な特徴がある。それぞれ使い分けて行動をすると良いだろう。
また、どちらかが状態異常になってもキャラクターを交代する事によって『状態異常が解除されるまで待つ』事も可能である。

・二人で仕掛けを解く
さて、主人公が二人と言う事で、仕掛けも二人で解く物が追加された訳である。
どんな仕掛けかは…それはお楽しみと言う事で。
更には通常探索やボス戦も『二人』で挑む事が可能である。
パートナーがダメージを食らうと、MPが減ってしまうので注意する事。

・サブウェポンを使いまくろう
さて、ジョナサンのサブウェポンで敵を倒せば倒すほど強化されていくシステムである。
なので積極的にサブウェポンで敵を倒しまくって強化をしよう。
ただし、使いすぎてMP切れに注意を…。

・魔法について
シャーロットの魔法は使うのに『詠唱』が必要である。
詠唱は一段階目と二段階目があり、二段階目の方が基本的には強い訳である。
ジョナサンのサブウェポンの様に敵を倒すほど強化される訳では無いが、属性を持った魔法が多いので、『その属性が弱点のボス』に対して、『その属性を持った魔法』で対抗するのが良いだろう。
尚、詠唱中は無防備になるので注意。また、詠唱時間も魔法によって異なるので注意すべし。
もちろん、これもMPを使うのでMP切れに注意を…。

・クエストをこなしていこう
さて、今作には『クエスト』と言う物が追加された。
このクエストは指定された『クエスト』をクリアする事により、アイテムやスキルや魔法などを貰える事が出来る訳である。
もちろん、そのクエストは特定の条件を満たさなくてはならない場合もあったり、少々難しい場合もある。
が、全てのクエストをクリアして様々なアイテムを入手すべし。

・もちろん恒例のクリア後のお楽しみ
今作にももちろんバッドエンディングがある。これも恒例であろう。
更に恒例のクリア後のお楽しみがある。
が、今回のアナザープレイは使用可能なキャラクターが多いのである。
条件は様々であるが、様々なキャラクターでプレイするのは楽しい物である。
もちろん、前作の様に全てのマップを埋める、ドロップアイテムのコンプリート、全てのサブウェポンのマスター、魔法を全て揃える、クエストを全てクリアするとやるべき事は多い。
ので、その辺りのやりこみも踏まえてやると良いだろう。

・総評
さて、DSの第二段となったギャラリーオブラビリンスであるが、これもまた非常に出来が良いのである。
前作で不必要であったタッチペンの使用が本編では殆ど必要なくなっているのである。
が、その分を補う様に『アナザーモードの一つ』で存分に使う事になる。
これは、非常に改善された点であり、自然にタッチペンを使うシステムにしたのは評価出来る。
更に『アナザーモードが複数ある』と言うのも楽しみの一つであろう。
もちろん、今までの悪魔城ドラキュラの楽しみ方を十分に楽しむ事が出来るので、是非ともオススメしたい一品であるが
如何であろうか
  1. 2010/08/15(日) 14:55:30|
  2. ゲームレビュー(NDS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自分だけの街を好きな様に作ろう | ホーム | “戦車(クルマ)”でモンスターを狩る復活のRPG>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/270-5b06bfc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。