シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

vsシリーズの最新作(インターナショナル版)

最近、ゲームレビューを全くしていないなーと思ったので、今日こそはキッチリとレビューを…。
TATSUNOKO VS CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS
『TATSUNOKO VS CAPCOM ULTIMATE ALL-STARS』である。
詳しいレビューは追記にて…。

追記:再購入しましたので、パッケージ画像を貼り付けました。

・ゲーム概要
本来はWii版『タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROS』を欧米向けにアレンジして発売しようとしたが、欧米での評価が非常に高く、日本に『逆輸入』としてローカライズされたのが今回の作品である。
今回のレビューでは『CROSS GENERATION OF HEROS』を『無印』、『ULITIMATE ALL-STARS』を『UAS』と表記する。

・無印との違い
大本はWii版の無印である為、Wii版の追加キャラはそのまま残っている。ただし、版権事情によりタツノコサイドの『ハクション大魔王』のみ削除されている。
その代わり、新キャラクターとしてタツノコサイドから(ハクション大魔王の埋め合わせか)三人、カプコンサイドより、二人追加されている。
以下、参戦キャラクター(後ろのカッコは参戦枠)

タツノコサイド
・大鷲の健(科学忍者隊ガッチャマン)
・キャシャーン(新造人間キャシャーン)
・テッカンマン(宇宙の騎士テッカマン)
・鴉(鴉-KARAS-)
・ヤッターマン1号(タイムボカンシリーズ ヤッターマン)
・ドロンジョ(タイムボカンシリーズ ヤッターマン)
・白鳥のジュン(科学忍者隊ガッチャマン)
・イッパツマン(タイムボカンシリーズ 逆転イッパツマン)
・ポリマー(破裏拳ポリマー)
・ゴールドライタン(シルバーライタン)(黄金戦士ゴールドライタン)

隠しキャラ
・テッカマンブレード(宇宙の騎士テッカマンブレード)
・コンドルのジョー(科学忍者隊ガッチャマン)
・ヤッターマン2号(タイムボカンシリーズ ヤッターマン)

カプコンサイド
・リュウ(ストリートファイターシリーズ、Street Fighter)
・春麗(ストリートファイターシリーズ、Street FighterII)
・一文字伐(私立ジャスティス学園)
・アレックス(ストリートファイターシリーズ、Street FighterIII)
・モリガン・アーンスランド(ヴァンパイアシリーズ、VAMPIRE)
・灰燼の蒼鬼(結城秀康)(新・鬼武者 DAWN OF DREAMS)
・ビューティフル ジョー(ビューティフル ジョー)
・ロール(ロックマンシリーズ、ROCKMAN)
・ロック・ヴォルナット(ロックマンDASH 鋼の冒険心)
・想鐘サキ(クイズなないろDREAMS 虹色町の奇跡)
・PTX-40A(LOST PLANET EXTREME CONDITION)

隠しキャラ
・ゼロ(ロックマンXシリーズ、ROCKMANX)
・フランク・ウエスト(DEAD RISING)

・隠しキャラの出現条件
・テッカマンブレード
タツノコサイドで3人のエンディングを見る
・コンドルのジョー
テッカマンブレード出現後、タツノコサイドで3人のエンディングを見る(タツノコサイド6人のエンディングを見る)
・フランク・ウエスト
カプコンサイドで3人のエンディングを見る
・ゼロ
フランク・ウエスト出現後、カプコンサイドで3人のエンディングを見る(カプコンサイド6人のエンディングを見る)
・ヤッターマン2号
上記の隠しキャラ出現後、隠しキャラ4人のエンディングを見る

隠しキャラのエンディングもエンディング条件に含まれるので、出したら直ぐに見ておくとヤッターマン2号のフラグが立つので合わせてエンディングを見よう。

・更に無印との違い
・タイトルロゴの変更(無印は竜の子プロダクションのロゴマークの後に片仮名で『タツノコ』と表記されるが、『UAS』ではアルファベットでTATSUNOKOに変更。また副題も『CROSS GENERATION OF HEROS』から『ULITIMATE ALL-STARS』に変更)
・OPの変更(無印はアニメーションムービーだったが、『UAS』では静止画、無印のアニメーションの一部や絵コンテ、対戦画面を中心に構成されている。また主題歌も『Across the Border』からアレンジ版の『Across the Border 2010』に変更)
・エンディングアニメーションムービーの削除。またエンディングも新規キャラ参入により『UDON ENTERTAINMENT』によって新規に一枚絵が描かれている。無印から参戦しているキャラは『Wii版追加キャラ』や『UAS追加キャラ』がエンディングゲストとして登場している一枚絵が描き起こされている。また、キャラクターによってはエンディングも変化しているキャラもいる
・新ステージの追加
DEAD RISINGより『ウィラメッテ・パークビュー・モール』、宇宙の騎士テッカマンブレードより『オービタルリング格納庫』、本作オリジナルとして『トレーニングステージ』が追加。なお、トレーニングステージの背景にはフィートがあり、『大型キャラクターと通常のキャラクター比率』や『スーパージャンプのジャンプ力』等が見る事が出来る。なお、トレーニングステージもWi-Fi対戦で選択可能である
・BGMがキャラクター毎では無くステージ固定曲になる
・キャラクターBGM廃止により、サウンドテスト廃止
・キャラクター固有のミニゲーム完全廃止
・『TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-SHOOTERS』と言う最大4人まで参加可能なシューティングミニゲームが追加

・『TATSUNOKO VS. CAPCOM ULTIMATE ALL-SHOOTERS』出現条件
スタッフロールミニゲーム(通常は三悪(ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラー)操作、ロールのみロール操作で主題歌が流れる)で黄色に光る文字を全て獲得して『THANK YOU FOR PLAYING』と言う文字を完成させる

・ロールの主題歌が『風よ伝えて… '08』から『Where The Wind Blows』(要は英語版)に変更。キャラクターBGMが廃止かつサウンドテストが無いのでロールでクリアした際のスタッフロールでしか聞く事が出来ない
・ニンテンドーWi-Fiコネクション対応により、国内だけで無く世界中のプレイヤーと対戦が可能
・ゲームバランスの全体調整
永久パターンを削除したり、メガクラッシュの吹き飛ばしに大きな補正がかかったりと様々な調整がされている。
・全キャラクターに3P、4Pカラー追加
無印はカプコンサイドのみ3Pカラーがあり、タツノコサイドは1P、2Pカラーしかない

と、無印との違いはここまでである。ようやくこれでようやくゲーム内容へと移れる…。

・基本操作は弱・中・強+アシストボタン
カプコンの格闘ゲームは基本的に6ボタン制度が主流であるが、タツカプは4ボタン制度と言う珍しい方式を取っている。
カプコンで4ボタン方式の対戦格闘ゲームはこれの他に『ジョジョの奇妙な冒険』しか浮かばない。
タツカプはVSシリーズでもマーヴル系に分類され、チェーンコンボとエリアルレイブが実装されている。

・チェーンコンボでコンボを決めてエリアルレイブで打ち上げろ
チェーンコンボとはいわゆる『通常技キャンセル通常技』の事である。カプコン格闘で初めてこの名が使われたのは『ヴァンパイアシリーズ』であり、以降特別な例外(例えばストリートファイターZEROでは『ZEROコンボ』、ジョジョの奇妙な冒険では『スタンドラッシュ』)を除いて、カプコン対戦格闘では『チェーンコンボ』と名づけられる。
チェーンコンボは基本、弱・中・強と繋がり、その中でも同じ強さの場合はパンチ→キックと繋がる。
タツカプは4ボタン制度であるから基本は弱・中・強、キャラクターによっては屈キャンセル(立ち攻撃をしゃがみ攻撃でキャンセルする)やレバー入れ攻撃を挟み込む事が出来る。
なので、この場合の基本コンボは立ち弱→屈弱→立ち中→屈中→立ち強→屈強(足払い)となる。もちろん、このコンボが出来ないキャラがいるので注意をしよう。
次はエリアルレイブである。右向き時に右下+強でエリアル始動技が出てくる。それを相手に当てると相手は真上に飛び上がる。
そこですかさず上を押すと高めにジャンプをして追撃をする事が出来る。これが『エリアルレイブ』である。
空中でのチェーンコンボも基本的には地上と同じであるが、屈キャンセルは出来ないので弱→中→強(叩きつけ)となる。
どちらも基本操作なのでしっかりと覚えておこう

・基本の操作に慣れたら必殺技を
さて、上では基本的な操作、チェーンコンボとエリアルレイブを紹介したが次は格闘ゲームには欠かせない『必殺技』である。
特定のコマンド(例:波動拳の場合、右向き時に下、右下、右+パンチ。タツカプは4ボタン制度なので攻撃ボタン)を入力すると出てくるのが必殺技である。
通常、格闘ゲームに置けるキャンセルは『通常技キャンセル必殺技』を指し、もちろんこのゲームでも通常技を必殺技でキャンセルする事が出来る。
また、必殺技は空中でも出す事が出来る物があり、エリアルレイブの〆に必殺技を挟み込んでも良いだろう。
基本操作に慣れたら必殺技。これも基本である。

・ゲージを溜めてハイパーコンボを決めよう
さて、対戦をするとキャラクターの下にある『ハイパーコンボゲージ』が溜まってくる。このハイパーコンボゲージは最大5本までストック可能であり、通常のハイパーコンボを使う場合は1本分消費される。
ハイパーコンボは各キャラクターの強力な必殺技であり、基本的にはコマンド+攻撃ボタン2つ同時押しで発動する。
発動時は『暗転』と呼ばれる『相手キャラクターの動きが止まる時間』があり、もし相手が『暗転中』に攻撃をしていたら殆ど防ぐ事は出来ないだろう。
逆に、『暗転中』に相手が何もしていなかったらもちろん防御される。
また、必殺技も一部にはあるがハイパーコンボには『無敵時間』と言う物が設定され、その合間であればどんな攻撃も受ける事無くそのままハイパーコンボを繰り出す事が出来る。
その他にも、必殺技をハイパーコンボでキャンセルする『ハイパーキャンセル』や空中でも使用可能なハイパーコンボもある。空中でも使用可能なハイパーコンボはエリアルの〆に使っても良い。
更に、タツカプでは各キャラクターに1つだけLv3ハイパーコンボと言う物があり、ゲージ3本を消費して更に強力な必殺技を放つ事が出来る。
ゲージはキャラクターによってはコンボなどで早く溜まる場合があり、隙を見てはすかさずハイパーコンボ!!と、言いたい所であるが、次のアシスト説明でもこの『ハイパーコンボゲージ』を使用する場合があるので『自分のスタイル』に合わせてゲージの使い方を考えるべし

・アシストとの協力が勝利への鍵
さて、タツカプでは2on2バトルが導入されている。この2on2バトルは『相手を倒した、または自分のキャラが倒されたら仕切りなおして交代』では無く、『対戦中ならば特定の状態を除いていつでも交代できる』のである。
ここでの特定の状態とは『攻撃を食らっている最中』や『アシストの準備が整っていない』や『自分のキャラクターが一人倒された』と言うような状態を指す。
アシストの基本動作は『ヴァリアブルアタック』、『ヴァリアブルアシスト』、『ヴァリアブルカウンター』である。
先ずは『ヴァリアブルアタック』から。これは『現在のキャラクターと交代しながら控えキャラクターが攻撃を仕掛ける技』である。右向き時に左方向を押しながらアシストボタンで発動する。
このとき、『控えに回るキャラ』は『完全無敵状態』であり、こちらも『相手が攻撃している最中など』はカウンターごしに攻撃できる。
ただし、攻撃後はキャラクター固有のポーズを取る為追撃は出来ない上に、攻撃がガードされたら隙だらけになって逆に攻撃のチャンスを与える為、注意が必要である。
次は『ヴァリアブルアシスト』である。これはただ単純にアシストボタンを押すと発動する。
これは『控えのキャラクターが画面に現れて攻撃をする』技である。
ただ単に攻撃するだけ、と思う無かれ、例えば通常は繋がらないコンボでも『ヴァリアブルアシスト』を挟み込む事によって、更にコンボを継続させる事が出来る。
また、キャラクターとの位置関係では『相手と挟み込むようにアシストを配置して、コンボの起点にする』等と言った使い方も出来る訳である。
さて、最後は『ヴァリアブルカウンター』である。ガード中に前+アシストボタンで『現在のキャラクターと交代しながら控えのキャラクターが攻撃をする』技である。
『ヴァリアブルアタック』と違うのは『ハイパーコンボゲージを1本消費する事』と『相手の状態によってはそのまま追撃が可能』と言う所である。
これも、ゲージと相談して『カウンターしながらコンボを決めて逆転したい』と言う場合に重宝するだろう。
さて、次はアシストを使ったゲージを使う技である。
一つは『ヴァリアブルコンビネーション』、そしてもう一つは『ディレイドハイパーコンボ』である。
ヴァリアブルコンビーネーションは、『ハイパーコンボのコマンドを入力し、カットインが入る前にアシストボタンを押す』と発動する。
ゲージ3本を使用して、二人同時にハイパーコンボを繰り出す技である。組み合わせ次第では通常よりも高いダメージになったり、逆にダメージが落ちたりと様々である。
次は『ディレイドハイパーコンボ』である。現在のキャラクターのハイパーコンボ中に『控えキャラクターのハイパーコンボのコマンド』を入力すると、『控えキャラと交代をしてハイパーコンボを繰り出す技』である。
この『ディレイドハイパーコンボ』は通常のハイパーコンボだけで無く『控えのLv3ハイパーコンボ』も使う事が出来る。
これを使えば、決めにくいLv3ハイパーコンボを決めたり、またはハイパーコンボで追撃しながら交代をすると言う活用方法も出来る。使い方次第で様々に使えるのがポイントである。
これらのアシストは、体力ゲージの端にあるキャラクターの顔が砂嵐(アシストが準備中)の時は使えないので注意をしよう。
このアシストの使い方次第で自分に有利になったり不利になったりするので控えキャラクターの特性をよく考えて使用するべし

・更に高みに上る為には
さて、これらは基本的な事である。更に高みに上る為にはアシストとの協力はもちろん、『今回新たに導入された技』も把握しなければならない。
タツカプで新たに導入された物は『バロックコンボ』と『ヴァリアブルエアレイド』、そしてタツカプだけに導入されている訳ではないが『メガクラッシュ』と言う物がある。
先ずは『バロックコンボ』である。現在の体力の赤い部分(控えに回った際に回復可能な体力ゲージ)を使用して、『強制的にニュートラル状態に戻す』のがこの『バロックコンボ』である。使用方法は『攻撃を当てている最中に攻撃+アシストボタン』である。
この『バロックコンボ』の特徴は『強制的にニュートラルに戻す』事はもちろん、『使用した回復可能ゲージが長ければ長い程、体が光っている間の攻撃力が上がる』のが特徴である。
もし、大ダメージを与えるコンボを使えて『一気に体力を持っていく』ならば長いほうが良い。逆に『ダメージは高くなくても良いからコンボを繋げたい』場合はほんの少しだけで十分だろう。これも使い方次第である。
次は『ヴァリアブルエアレイド』である。エリアルレイブ中に右向き時に下、右下、右+アシストボタンで先ず『現在のキャラクターが光りながら攻撃』をする。その攻撃に当たった瞬間に『ヴァリアブルエアレイド』が発動し、ゲージ1本を消費して『現在のキャラクターが交代して、控えキャラクターが大ジャンプして現れる』技である。つまり、『控えキャラクターと交代をしてエリアルレイブを継続させる』技である。
これを駆使すれば非常に強力なコンボを叩き込む事が出来るだろう。
最後は『メガクラッシュ』である。大本はカプコンのアーケードゲームの緊急回避の事である。最も有名なのは『ファイナルファイト』の攻撃ボタンとジャンプボタン同時押しで出る完全無敵の必殺技だろう。
タツカプ以外の格闘ゲームで導入されたのは『ポケットファイター』ぐらいだろう。
弱・中・強・アシストボタンを全部押す事により、体力少しとゲージ2本消費して『完全無敵状態の吹き飛ばし技』を出す事が出来る。もし、『コンボで大きく体力が減らされる』と思ったら咄嗟に出せると良い。
ただし、ゲージ2本と体力を少し消費すると言う大きなデメリットと『UAS』では『吹っ飛ばした相手に大きな補正がかかる』と言う仕様が付加されているので、吹き飛ばしてコンボを繋げても大したダメージにはならない。
加えて『ハイパーコンボを食らっている最中は使用できない』のもポイントの一つである。
あくまで『仕切りなおし』程度に考えると良いだろう。

・Wi-Fiを使って世界中や遠くの友達と対戦
さて、『UAS』は『無印』と違ってWi-Fi対応であり、環境さえ整っていれば見知らぬ誰かとの対戦も可能である。
もし、どこかで『UAS』を持っている友人がいて、ネット環境が整っていれば対戦しても良いだろう。
また、このゲームには『フリー』と『ランキング』と『ライバル』と『フレンド』と言う対戦項目があり、『フリー』は誰とでも、『ランキング』は『なるべく近いランキングの人』、『ライバル』は『フリー』や『ランキング』で『ライバル登録をした人』と、そして『フレンド』は『フレンドコードを交換した人』である。
元々欧米販売を目的とした物を日本へローカライズした物なので、対戦も『国内限定』や『世界の誰とでも』とオプションで変更する事が出来る。
十分な環境が整わない場合は国内で繋ぐと良いだろう。ただ、国内では既にレベルの高い人ばかりINしているので、中々勝つのは難しいかも知れない。
が、もし強くなりたいのであれば『上手い人のコンボレシピを見て盗む』のも強くなる秘訣である。ボコられてもそれを種に頑張るべし

・総評
『UAS』は『対戦ツール』としては非常に優秀な部類に入ると思う。無印版の理不尽な永久ルートはことごとく排除され、尚且つ『誰でも気軽にコンボが出来る』と言うのが非常に良い。
また、上級者であれば『アシストやエアレイドを挟み込んで更に長いコンボを』、『カウンター起点のコンボ』と色々とコンボルートを考える事が出来るだろう。
反面、『無印』にあった数々のお祭り要素(アニメムービーのOP・ED(無印版のOPだけは条件を満たせば見れる)、キャラクターごとのミニゲーム、サウンドテスト)が廃止され、『そう言った部分では物足りない』と思うかも知れない。
『お祭り要素』を楽しむのであれば『無印』、純粋に『対戦』を求めるなら『UAS』が良いと思うが
如何であろうか
  1. 2010/04/04(日) 22:43:38|
  2. ゲームレビュー(Wii)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<デザイン教えてくださいバトン 喪彌 玉江 | ホーム | 月間検索大賞 2010年3月版>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/250-86f01cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【Xbox360】DEAD RISING 2 OR

烏羽の館東棟305号室 vsシリーズの最新作(インターナショナル版) フランク・ウエスト(デッドライジング) ・隠しキャラの出現条件・テ...
  1. 2010/04/05(月) 00:29:33 |
  2. 最新ゲーム情報~無料ゲームも紹介~

プロフィール

黒雹

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。