シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

風に舞う鳥、京の花。咲かせ剣舞の百花繚乱

自分のゲーマー直感は良く当たる物である。
何気なくパッケージを見て直感購入したソフトがかなりの良作であった事が多々にある。
と、言う訳で今回はゲーマー直感で購入したこのソフトを紹介したいと思う。
朧村正
『朧村正』である

このゲームはパッケージ裏によると「絢爛絵巻和風アクションRPG」とあるが、正直言うと「RPG的要素」はかなり薄い。
レベルと体力、武器と装飾品の装備、後述の鍛冶に必要なステータスだけである。かなりアクション寄りのゲームである。
その為、RPG特有の探索要素は少なめである。故に、フィールドも殆ど一本道である。
多少の分岐点はある物の、別の場所へ移動するか、もしくは宝箱等のある場所へ行くだけである。
この一本道なフィールドは評価が分かれる所だが、このゲームは「アクション性を高めて、RPG要素はオマケ程度にしたゲーム」であるので、自分は一本道で構わないと思う。
さて、肝心のアクション要素であるが、これがかなり気持ち良い。
嬉しい事にこのゲームはGCコントローラー対応である。もちろん、クラシックコントローラーやWiiリモコン+ヌンチャクでもプレイ出来るが、GCコントローラーの方が遥かに快適にプレイが出来る。
このゲームの売りは「1ボタンとコントロールスティック(十字キー)でザクザクと斬れる爽快感」である。
例えば

地上連続斬り(浮き)→追撃上斬り→二段ジャンプ(上斬り)→空中連続斬り(着地)→下段追撃斬り(浮き)→追撃上斬り→二段ジャンプ(上斬り)→空中連続斬り(着地)

等と言った、コンボ格ゲーさながらの連続攻撃が攻撃ボタンとコントロールスティックだけで可能である。
もちろん、この連続技は一例に過ぎず、空中連続斬りの合間にダッシュ斬りを挟んだり、途中で下突きに変更しても構わない。
要は、「直感的にザクザク斬る事も出来れば、コンボ格ゲーの様にオリジナルの連続技を叩きこむ事が出来る」のである。
これが、かなり気持ち良い。自由奔放変幻自在に相手を翻弄して斬り刻む。かなり、爽快である。
だからと言って、一本の刀だけで戦うと刀がポッキリと折れてしまう。
このゲームは刀に「霊力」と言う物があり、このゲージが無くなると刀が折れてしまう。
では、刀が折れてしまったらどうするか。実は、このゲーム、刀を三本装備する事が出来る。
刀が折れてしまったら、鞘に納めて再生するのを待つ。その間に別の刀で攻撃をする。
または霊力が尽きる前に刀を変更。更に霊力ゲージが光っている状態で刀を変更すれば「居合い斬り」で画面全体を攻撃する事が出来る。最も、画面内に敵が居なければ意味が無いが。
また、霊力ゲージを使用して刀に秘められた「奥義」を使う事が出来る。刀によって効力は様々なので、自分に合った「奥義」のある刀を装備するのがベストである。
さて、武器の種類であるが、今の所二つ確認出来る。「太刀」と「大太刀」である。まだ途中なので他にも武器があるかも知れないが、先ずはこの二つだけ…。
特徴は

太刀:素早く攻撃が出来、連続攻撃が可能。しかし、威力は低め。
大太刀:振りは遅いが攻撃力が高い。連続攻撃には不向きである。

と、かなり簡単に説明するとこんな感じである。
かなり、あっさりとした説明だが、本当にこんな感じである。
さて、このゲームの独自の要素として「料理」と「鍛冶」と言う物がある。
テイルズシリーズでは「料理」はお馴染みであるが、このゲームの場合、「料理」に失敗する事は無い。
「料理」には主に二種類があって「常備品として入手する物」と「その場で調理して食べる物」の二種類がある。常備品の方はそのままで「回復アイテム」として入手する事が出来る。
では「その場で調理して食べる料理」はどんな効果があるか。もちろん体力の回復も出来るが、他に付加要素が加えられる。例えば攻撃力が上昇したり、防御力が上昇したりと様々である。
ただし、このゲーム、「食べ物で体力を回復させると満腹ゲージが上昇する」のである。このゲージが尽きない限り、次の食事が出来ないので注意が必要である。
次は「鍛冶」である。鍛冶はその名の通り「武器を作る」事が出来る。武器を作る為には「生気」と「魂」が必要であり、作った武器を使用するには「力」と「体力」が必要である。「生気」は「食事」等で得る事が出来、「魂」は敵を倒す事等により手にいれる事が出来る。「力」と「体力」はレベルを上げないと上げる事が出来ないので、より攻撃力の高い武器を入手するにはレベルを上げなければならない。
また、「鍛冶」には系譜が存在し「特定の武器」を入手したり、精製しないと次の武器が入手出来ない仕組みになっている。特定の武器はボス等を倒すと入手が出来るので、より攻撃力の高い武器を作るには、やはり物語を進めなければならない。
さて、大いに遅れてしまったが、このゲームは主人公が二人居る。「百姫」と「鬼助」の二人である。今は「百姫」のシナリオをプレイ中だが、いずれ「鬼助」のシナリオも進めたいと思う。

さて、今の今まで良い部分や内容等の紹介をして来たが、もちろんこのゲームにも悪い点がある。
先ずは「敵の攻撃力が高め」なのである。難易度「修羅」でプレイしているがHP500に対して雑魚の攻撃が一撃130前後なんて、ザラである。それも集団で襲ってくるので厄介である。
回復アイテムの所持数も限界があるので、如何に攻撃を食らわないかが重要である。
それでも「難しい」と判断したら、大人しく難易度「無双」で進めた方が良い。
次に「移動がめんどくさい」のである。先の通り、回復アイテムの所持数に限界があるので、回復アイテムが尽きたらアイテム販売所まで戻らなくてはならないのだが…。アイテム販売所から遠ければ遠いほど、戻るのが面倒なのである。一本道なのだが、道中、敵も出現する。先の通り敵の攻撃力が高い。回復アイテムが尽きた状態で戦闘をすれば、あっという間に体力が尽きてしまう。
で、体力が尽きたらどうなるか。実は良く解らない。
何故かと言うと「ペナルティが余り見当たらない」からである。体力が尽きても、フィールドの入り口に戻されるだけで、所持アイテムも使用前のままである。
「ペナルティ」が無いから、逆に不気味なのである。

さて、このゲーム。先ほど言った通り直感買いで買ったがかなり良い出来である。多少の悪い点も見受けられるが、全体的に見れば良い出来である。元々SFC時代からゲームをやって来たので、移動はそんなに苦にはならないし、雑魚が現れてもザクザクと斬り避ける爽快感がある為、こちらも苦にはならない。
前述の通り「RPG要素はかなり薄い」ので、「アクションゲームを楽しみたい」と言う人間にはオススメだろうと思うが…
如何であろうか。
  1. 2009/05/19(火) 12:23:54|
  2. ゲームレビュー(Wii)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<遙かな空に誓え 終わらない希望と勇気を | ホーム | PBC用整理のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hailsailsem.blog115.fc2.com/tb.php/207-49b13a30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テイルズ オブ ファンタジア

「テイルズ オブ ファンタジア」に関連するブログを新着 10 件表示しています。
  1. 2009/05/20(水) 01:02:11 |
  2. テイルズ オブ ファンタジア

プロフィール

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。