シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二日連続のゲーセン行き

休日夜、と言う訳で「友達の都合が空いたら」と言う条件でゲーセンへ行く事にした。
メールの方で「友達から連絡無いんで今日は無しで明日にしようか」とかやり取りしていたら「連絡来たからいくけど」と言う流れになった。
と、言う訳で、休日夜にゲーセンへ直行した訳である。
いつも通り、こちらはP4Uをプレイをしていたが。
流石に到着が遅く、ゲームコーナー終わりギリギリだったので『いるにはいたが対戦は無理かなぁ』と思いながらプレイ。

天城雪子について
『コノハナサクヤ遠隔操作』の方の慣れに着手する事にした。
基本は足払いに色々と重ねて見たりする。
5D系統やら2D系統やら。
その上で、遠隔操作しながらどの様に攻めるかも重要に感じた。
特に起き上がりに無敵技を持つ逆ギレ系統には非常に弱い面もあるのでケースバイケースで。
ガードされても距離が取れれば火炎ブースタや火炎ガードキルでの呼び戻しも考慮したい所。
やはり、Aアギ→SCアギダインの繋ぎが安定しない。
めんどくさい場合と相手の体力次第では連打コンボで済ませるのも良いかも知れない。
次の課題は『距離の取り方』、『火炎ブースタ、火炎ガードキルの活用方法』、『咄嗟のアギダインやマハラギダインの使い方』等だろう。
いずれにせよ。まだまだ雪子については課題が多かったかも知れない。
アーケードモードクリア

さて、今回は別キャラとして『巽完二』を使用してみた。
簡単に言うと投げキャラである。ただし、『投げのコマンドが非常に簡単』と言う特徴がある。
基本的に地上214+CorDで『串刺しだぁ!!』。地上236+CorDで対空投げの『掴めっ!』。
また空中では214+AorBで『耐えてみやがれ!』。覚醒後は214214+CorDで『黒焦げだぁぁ!』と言う少し前進しながらの投げと非常に豊富である。
しかし、どれも一長一短である。
解りやすく纏めると
・確定で投げられる状況では兎に角『串刺しだぁ!!』で投げる。
・2Bの浮かせ効果を利用して対空投げの『掴めっ!』で投げる。先読み対空で2Bを入れておいて当たったら即『掴めっ!』へ移行。
・両者とも、投げた後は『追加バスタアタック』でダメージ&距離を詰める。
・連打コンボはSPゲージ回収と割り切る事。基本『如何にして投げる』かが重要。ただし、投げ警戒の場合は打撃を挟み込む。
・困った時は逆ギレアクションの『うざってぇ!』を使う。非常に優秀な技であり、ガード以外の大抵に勝てる。ついでに感電付加。引き付けて使ったり相手の本体攻撃に合わせて使うのもあり。
・空中で困ったら5B。結構判定が強い。ただし、乱用は禁物。
・『耐えてみやがれ!』はケースバイケース。しゃがみには通用しないので相手が立ち状態で確定で入れられるならば入れる。もしくは空コンの〆。
・相手が飛び道具ばかりだったり投げが怖くて距離を取るのならば5Dで雷を落としてやるのも有効。感電付加もついでにある。
・覚醒状態は『黒焦げだぁぁ!』を狙う。覚醒SPスキルの中でもトップクラスの威力を持つ。相手から離れるのが欠点だが、確定で入れられるならば入れられたい。コマンドも簡単なので。
と、こんな感じである。
そんな中、乱入発生。相手は『巽完二』。キャラ被せで来た訳であるが。

相手の基本戦法
兎に角『耐えてみやがれ!』を多用。対策を練ってないので餌食になる事が多し。
それ以外は基本的に『近寄られたら逆ギレアクション、投げ警戒には打撃』とスタンダードな完二の使い方である。
もちろん、2Bが刺さったら『掴めっ!』で投げ&追撃も欠かさずに行ってきた。
流石に一度も触った事の無いキャラだったので『耐えてみやがれ!』合戦になってしまった。
1勝1敗。流石にゲーセンの時間が時間なので友達から『負けた方が早いんじゃないか』と言われてしまったが。
まぁ、負けて離れる事が出来たので良しとしよう。因みに、相手の方はこちらが勝ったらすぐさま連コンをし、あちらが勝ったら隣にスパⅣAEに移っていた。
一体何がしたかったのかが謎である。

二日目
昨日に引き続き、今度は午前中にゲーセン行きである。
休日の午前中なので対戦あるかなーっと思ったら、あんまり無かった。

巽完二について
上記の事を踏まえながら立ち回ってアーケードモードクリア。

クマについて
基本、解らない事が多かった。
リーチの短い技は隙が少なくリーチの長い技は隙が大きいと言う感じである。
足払いはスライディング属性+出てくる魚に判定ありなので先端で狙って行きたい所。
Dでペルソナがアイテムを投げる。ある程度法則があるのでそれを把握すれば非常に強い。
特に転がりながら多段HITするドラム缶がや発生保障のある桶は出るタイミングは把握したい所。
SPスキルの地上トマホークは『近距離だと当たらない』と言う性能なので使う場合は空中トマホークで。
テレビは攻撃&ワープ技。テレビが画面上にある状態で同じコマンドを入力するとテレビから出てくる。ただし、テレビは隙や硬直が大きいので確定で当てられるなら。
ワープはCでジャンプ、Dでスライディングなので使い分けるべし。
覚醒SPスキルの『熊田大サーカス』は初見殺し。一度画面から出て玉に乗りながら轢いて行く。
実はガード不能かつCとDで出現場所が違うので『性質を解って無いと轢かれてダメージ』と言うのが多い。
ただし、解っているとハイジャンプなどで避けられるのでこちらも『当てられる場面で当てる』。相手がダウン中で復帰できない状態など。
基本的に『アイテムの把握』と『有効な技の振り方』が中心になるキャラだと思った。
アーケードモードクリア。

天城雪子について
未だにSCアギダインが安定しない。と、言うよりもどうしてもまだスティックに力が入るのかジャンプに化けたりマハラギに化ける事が多い。
切り替えしとして重要なのでアギダインやマハラギダインは確実に出したい所。
マハラギダインに関しては相手の距離によってCかDのどちらかを使う必要がある。
フルヒットさせれば火炎ブースタを使わなくてもそれなりの火力があるのでフルヒットはさせたい所である。
火炎ガードキルを付加させて逃げられない様な場面で打ち込めれば上々である。
二回アーケードモードクリア。うち、一回は乱入した後に勝利してアーケードモードクリア。

鳴上悠について
ペルソナダラーが300溜まったのでメガネを購入してお披露目。メガネをかけると何かしっくり来る。
そのまま普通にCPU対戦をした所、途中で乱入が入る。相手はキャラ被せの同キャラ戦。
基本、相手は連打コンボや逆ギレに頼っているので、落ち着いてガードした後にカウンターを入れる。
こちらも連打コンボは確定状況で入れてSPゲージを溜め、後は基礎コンボで対処していく。
ご丁寧に、相手は連打コンボを最後まで繋いでくるのでD石火orジオダインの後はすかさずカウンターとして5Aや5Bを入れてコンボを繋げる。
後は足払いからの5Dの起き攻めを活用したり、ディレイで追加Dを入れたり、追加D→5C(or2C、5Cの場合は石火でキャンセルして奇襲)しながらこちらのペースを握っていく。
危なげなく勝利してそのままアーケードモードクリア。

通算戦績
15戦14勝1敗

と、今回はこんな感じであるが
如何であろうか
スポンサーサイト
  1. 2012/10/14(日) 23:17:01|
  2. 全般
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

過去、現在、未来―20:00

さて、ゲームレビューである。今回のゲームはこちら
タイムトラベラーズ
『タイムトラベラーズ』である。
さて、この作品は3DS、PS Vita、PSPの三つのプラットフォームで展開されている。
自分が所持しているのは3DS版であるが内容自体は他と変わらないだろう。
また、スタッフの一部が『428 封鎖された渋谷で』と同じなので『明確』に『428』と時間軸が繋がっている事が明言されている。
更に言えば『428 封鎖された渋谷で』は『街 ~運命の交差点~』の10年後である事をほのめかす記述もあり、これにより
街―10年後→428―23年後→タイムトラベラーズ
と言うタイムラインを作る事が出来る訳である。ただし、『428』と『街』に関してはあくまで『ほのめかしている』だけの間接的続編ではあるが…。
さて、余談はここまでにしてゲーム内容は追記から…
[過去、現在、未来―20:00]の続きを読む
  1. 2012/10/10(水) 19:50:19|
  2. ゲームレビュー(3DS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝日ゲーセン行き

さて、今日は体育の日、と言う事で祝日である。
と、言ってもこちらは今の所、車の運転を止められている状態である。
が、そんな祝日の日に友達がゲーセンに誘ってきたのである。
もちろん、こちらはOK。しかも、今日は友達が『別ゲーをやるから』と格ゲーの多い方のゲーセンへと向かった。
対戦台に行ったら早速、対戦をしている人がいたので『どちらかが終わってから』と早速コインを入れて対戦。
…久々に対戦を行った気がする。と、言う訳で本日の戦跡を。

鳴上悠について
未だに慣れない面が多く5AA→5B→2B→5C→D石火と繋がず、5AA→5B→5C→D石火と繋いだ方が安定している。
ダメージが低くなるが全部立ちモーションから出来るので繋げやすい。
もちろん、基本は2Bを挟み込むのが一番なのだが、距離によっては2Bが入らない場合があるので注意をする事。ついでに5Cも。
距離によっては2Bを先に挟みこんでも良いと思う。
連打コンボは確実に当てて行きたい。全キャラに共通しているが連打コンボの必殺技移行前の一撃はSPゲージのボーナスが付加されている。
その為、連打コンボでSPゲージを溜めてSPゲージが溜まったら他のコンボやSPゲージを使用する物(SBスキル、SPスキル、ワンモアキャンセル)に振り分けて行きたい。
今の所、B奮迅のCHからのコンボは出来ないので地上コンボで頑張るのが現状。
ボコスカはだんだん安定して最大ヒットまで出せる様になってきた。
なので、ボコスカC(FC)→JBB(jc)→JB→JC→A奮迅と繋ぐ事が出来る様になった。
D石火からのSCはD石火からSCまでの猶予時間が結構長いのでアギダインや十文字斬りに繋ぐ事が出来る。
逆ギレ十文字などは『先行入力』で無いと今は出せない様だ。
今後の課題は『咄嗟にダッシュやバックステップや低空ダッシュが出来る』と『技の振り方』だろう。
特に連打コンボの視点となる5Aやリーチは短いが優秀でコンボパーツの5C。FC誘発でふっとばし効果のある2C。また中段属性の空D→5D→追加Dなどと言った技の振り方も重要だと思った。
7連勝後アーケードモードクリア

天城雪子について
扇投げが非常に重要。最初から飛び道具を持っているので牽制に使う。
そこから飛ばす為にマハラギを仕込んだり、距離が遠い事を利用して火炎ブースタや火炎ガードキルを挟み込む。
ただし、雪子は体力が低いのでリカバリアブルダメージを発生させる火炎ブースタや火炎ガードキルの挟み込みは考慮が必要。
ただ、これを利用して『強制覚醒』に持ち込むのも一つの手だと思う。
基本コンボは5AA→5C→2C→Aアギ→SCCorDアギダイン。
ただ、アギはホールドである程度早めにアギダインにSCしないと受身を取られてしまう。
相手が回りこんで油断している状態でも火炎弾は相手をホーミングして撃つので、即発射ではなくホールドしておくと吉。
もちろん、SCでホールド回転に巻き込めれば普通にコンボとして繋がる。
問題は雪子の5Aの発生が遅く、相手の発生の早い技に潰されやすいと言う事。
その場合は優秀な5Cや2Cからの始動でも良いと思う。
切り替えし技である逆ギレのディアは横方向に短い為、ある程度近くで無いと吹っ飛ばせない事である。
ガードされて良く、なので逆ギレは確実にヒットガード問わず当てて行きたい。
もちろん、同じく切り替えしのアギダインも咄嗟に出せる様にはしたい物である。
今後の課題は『コノハナサクヤの遠隔操作』や『覚醒後の立ち回り』だろう。
コノハナサクヤの遠隔操作は以前にも話した通り、D系統から動かす事が出来る。
具体的には456D、123D、空16Dだろう。
特に123D、空16D系統は中段であり、相手の崩しからの遠隔が狙える。
456Dは倒す方向でコノハナサクヤの動く距離が変わるのでこの動かし方も考慮したい。
次は覚醒後の立ち回りについて。覚醒後は『発生保障』のあるマハラギダインが使える。
『発生保障』とは『攻撃発生が成立した直後に攻撃を食らっても攻撃が持続する技』である。
マハラギダインはその性質上(地面から次々と炎の柱を上げる技)、この『発生保障』が強い。
もちろん、火炎ブースタで火力の底上げが火炎ガードキルでのガード不能を狙いたい。
CとDでは発生方向が違い、Cはコノハナサクヤから画面端へ左右へ、Dは画面端からコノハナサクヤへ左右からと言う形になる。
火炎ガードキルを付加させた状態でSPゲージが100あれば左右から挟みこむ事も可能。ただし見切られると弱いので上手く固めたい。
覚醒後も体力が低い為、油断せずに自分のペースを守って行きたい物である。
4連勝後アーケードモードクリア。

現在の対戦成績
11戦11勝0敗

この調子で『対戦での積み重ね』や『立ち回りの再考慮』も行いたい物である。
もっともっと対戦を積まなくては、と思ったが
如何であろうか
  1. 2012/10/08(月) 13:55:52|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍として生きる少女達のもう一つの物語

さて、久しぶりにゲームレビューである。
最近はゲーセン通いもあって、それに関する記事ばかり書いていたが、そろそろレビューの方もぼちぼち書いていきたいと思う。
と、言う訳で今回紹介するゲームはこちら。
閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-
『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』である。
『閃乱カグラ』シリーズの第二弾に当たるソフトである。
ついでなので、前作である『閃乱カグラ -少女達の真影-』のパッケージも載せるので比較として見て欲しい。
閃乱カグラ -少女達の真影-
さて、ゲームに関してはいつも通り追記から…。
[忍として生きる少女達のもう一つの物語]の続きを読む
  1. 2012/10/02(火) 19:21:58|
  2. ゲームレビュー(3DS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜行作戦

さて、今回は友達に誘われて夜にゲーセンへ行く事になった。
普段は午前中にゲーセンに行く物だが、今回は夜である。
平日ではあるが、誰か対戦してくれる人を期待してプレイをしたが…。

結局今日も対戦が出来ずCPUとだけであった

NESiCAカード買う前に対戦できたのは本当に稀なのだと感じた次第である…。
さて、今回は「普段使わないキャラ」を使ってみた。
以前の記事で書いた様に「真田明彦」と「桐条美鶴」の二人である。
使った感じはこうである。

真田明彦について
基本、リーチが短い。出は割りと早いから一長一短。
とりあえずジャンプからのAの連打で抑えたり突発的に5Cで中段を出してみたりと。
空Aが刺さったら連打コンボでSPゲージを稼いでおく。
連打コンボはガードされると非常に不利なので、ガードされた場合の対策も考えておく。
足払いで下段狙い、ボコスカで中段狙いなどなど…。後は一旦離れるのも重要。
サイクロンチェーンを活用したいが、始動ダッキングから初めても中々難しい。
ダッキング→コークスクリューと繋がってしまい、中々難しい。
キルクラッシュ→ブーメランフック→コークスクリューでサイクロンチェーンはLV0→LV1→LV2となる。
ダッキングとウェービングは「当てなくてもサイクロンチェーンのレベル」が上がる事を利用してダッキングorウェービングを始動・中継としてサイクロンチェーンのレベルを上げるのも戦略の一つ。
ただ、この辺りは非常に慣れが必要だと言う事が解った。
CPU対戦なので、適当に連打コンボやキルクラッシュ→ブーメランフック→コークスクリューなどを使いつつ、サイクロンアッパーや覚醒状態なら切り替えしマハジオダインなども使っておいた方が良いかも。
ただし、マハジオダインは確定で当てられる状況で無いと反確なので注意が必要。
アーケードモードクリア。

桐条美鶴について
真田明彦とは逆にリーチが長いのが特徴。
特に5Aの牽制力が高くリーチが長い。
ただし、5Aが先端ヒットするとその後に続かないのであくまで「5A単体で牽制」としておく事。
必殺技(二種しか無いが)が全て「タメ系」なので「何処で溜める」かがポイント。
特に美鶴は5Aの連打コンボの最中に5Bや2B等(5Bは軽くジャンプしながらなぎ払う。レバー左右で移動可能。2Bは斜め上に向けてレイピアを突く。対空用)に繋げにくいので「何処を基点にキャンセルをかけるか」が重要になってくる。
慣れない内は基本連打コンボだけで行ける。ただし、SPスキルの刹那五月雨撃のラスト蹴りはギリギリまで溜めておく必要があり。
ブフダインも同じ様に切り返しとして出せると非常に良い。特に上方向に強いので低空ダッシュで攻めてきた相手にカウンターとして出しておくのも良い。凍結効果もあるので当たったらダッシュで追い討ちをかけるのも。
ブフーラはCとDで活用法が違うのもポイント。Cは頭上に出して低空で進むのでジャンプ抑制。Dは前方に出すがペルソナが前方に出るので1キャラ弱の間があるので足払い起き攻めは不向きな面もあったりする。
ただし、足払いはスライディング属性なので先端当てからのキャンセルDブフーラは活用性がありそうだとは思う。
対地としては空Bが非常に強いので、対地空B→連打コンボでも良いと思う。
細かいコンボは連打コンボの性能やBの性能、CやDの性能も独特なので割りと難しかったりする。
アーケードモードクリア。

鳴上悠について
先ずは基本であるSCについてはD石火からのジオダイン(or十文字斬り)、逆ギレ初段からの十文字斬り等が割りと安定してきた気がする。
持ち方を基本をウメハラ持ち、SPスキルを入れる時にややウメハラ持ちとつまみ持ちの中間で行う事にした。
未だに基礎コンボが5AA→5B→5C→D石火で2Bが挟み込めない。
ただ、5B刺しで5Cが届く範囲ならば5B始動5C→D石火。5B→C石火と使い訳も出来ると良い感じである。
5B始動からでも上手くCorD石火を入れられる様にしたい。
次の課題はB奮迅をCH(FC)で当てた場合のコンボだと思う。今の所、B奮迅ヒット確認で5Bを刺すしか出来ないのが現状。
B奮迅はCHで三獅子が入れられる事が出来るので、これも練習が必要である。
後はボコスカを最大ヒットさせる事も重要。ボコスカヒット→15ヒット→16ヒットC打ち上げorD横飛ばしでFCになるのでコンボチャンスになる。この辺りはA+Bを連打してヒット数を確認しながら上手くFCにしたい。
この辺りはある程度のアドリブが必要だと思う。
やはり、CPUだけでは経験を積むことが出来ないので、対戦がしたい所である。
アーケードモードクリア。

天城雪子について
今回は使用せず。こちらの課題はアギ→SCアギダインorマハラギダインへの繋ぎが課題。
これは今度プレイする時にでも…。

今回はこんな感じである。対戦が出来なかったのが痛い。
そしてやはり「今使っているキャラの強化」を優先したいと思った。
先ずは悠と雪子を中心に使って行きたいと思うが…
如何であろうか
  1. 2012/10/02(火) 00:50:56|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。