シュレーディンガー博士の猫の足跡

PBCの記録、ゲームレビューなど不定期にだらだらと書き連ねて行くブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三國と戦国の融合の終わり

さて、久々のゲームレビューである
今回はこちらのソフトを…
無双OROCHI2
『無双OROCHI2』である
では、詳細は追記から…
[三國と戦国の融合の終わり]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/03/27(水) 18:07:26|
  2. ゲームレビュー(その他ハード)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三國と戦国の融合の始まり

さて、ゲームレビューである
昔、どんな内容かを「プレイ日記」として記事にしたが、今回はレビューと言う事で改めて紹介したいと思う
無双OROCHI
無双OROCHI 魔王再臨
『無双OROCHI』及び『無双OROCHI 魔王再臨』である
ここで余談、コーエーから発売されている『真・三國無双』シリーズは海外ではナンバリングが一つずれているのである
理由は何故か。それは海外では3D対戦格闘ゲームとして発売された『三國無双』を『1』とし現在のタクティカルアクションとなった『真・三國無双』を『2』としているのである
それぞれ『三國無双』を『Dynasty Warriors』、『真・三國無双』を『Dynasty Warriors 2』とし、それ以降のタイトルは一つずつナンバリングがずれている
因みに、『戦国無双』は『Samurai Warriors』でナンバリングのずれはない
では、『無双ORPCHI』はどうかと言うと、実はこちらもナンバリングがずれている
『無双OROCHI』が『Warriors OROCHI』と言うタイトルであり、『無双OROCHI 魔王再臨』は『Warriors OROCHI 2』なのである
従って、『無双OROCHI2』は『Warriors OROCHI 3』となる
余談はここまでにしてレビューは追記から…
[三國と戦国の融合の始まり]の続きを読む
  1. 2013/03/03(日) 16:52:58|
  2. ゲームレビュー(その他ハード)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手軽に気軽にRPG…を作ろう!!

さて、久々のブログの更新とゲームレビューである。
今回は趣向を変えてこちら
RPGツクールアドバンス
『RPGツクールアドバンス』である。
なにぶん、古いゲームソフトなのでパッケージを所持していないのでこの様な形でゲームを紹介したいと思う。
もし、VC等のデジタル化された古いソフトを紹介する場合も考えなくてはならないが…。
ともあれ、続きは追記から…
[手軽に気軽にRPG…を作ろう!!]の続きを読む
  1. 2013/02/03(日) 22:43:10|
  2. ゲームレビュー(その他ハード)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運命が交差する街、渋谷 10 years befor and 10 years after

さて、久しぶりにゲームレビューである。実は本日が自分の誕生日だったりするが、それはお構い無しに…
それでは、今回レビューをするのはこちら
街 ~運命の交差点~
『街 ~運命の交差点~』である
この作品は元々セガサターンで発売された『サウンドノベル 街 -machi-』をPSに移植した物である
その際に『かまいたちの夜 特別編』と『弟切草 蘇生編』と共に『サウンドノベル・エボリューション』のシリーズの一環として発売されたのがこの『街 ~運命の交差点~』である。因みに『サウンドノベル・エボリューション』は3
そして更に今回は
428 ~封鎖された渋谷で~
不十分なレビューであった『428 ~封鎖された渋谷で~』も再レビューを行いたいと思う
何故、再レビューを行うかと言うと、この『街 ~運命の交差点~』と『428 ~封鎖された渋谷で~』は非常に密接な関係にあるからである
と、言う訳で詳細は追記から…
[運命が交差する街、渋谷 10 years befor and 10 years after]の続きを読む
  1. 2012/01/29(日) 23:24:50|
  2. ゲームレビュー(その他ハード)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

操るのは名探偵にあらず

さて、新年から少しだけ合間を取って休みながらのゲームレビューである
先月を飛ばしすぎたので、今年はゆっくりめで…
と、言う訳で今回はこちらを紹介したいと思う
金田一少年の事件簿 星見島 悲しみの復讐鬼
セガサターンで発売されたキャラクターゲーム、『金田一少年の事件簿 星見島 悲しみの復讐鬼』
さて、こう言ったキャラクターゲームで原作がミステリーとなると操作するのはもちろん、金田一 一…では無くこのゲームは『探偵役である金田一 一を操作して事件の真相に迫る』では無く『復讐を秘めた犯人役として殺害する人物を探りながら金田一 一を欺いて完全犯罪を成し遂げる』と言う一風変わったゲームなのである
と、言う訳で詳しい内容は追記から…
[操るのは名探偵にあらず]の続きを読む
  1. 2012/01/12(木) 10:58:03|
  2. ゲームレビュー(その他ハード)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:黒雹
隠密行動とか水面下行動とか、そんな事ばっかりやっている人間。
別に卑しい意味じゃ無いけど。


メールアドレス
haila-stone12+hotmail.co.jp
+を-に変えても何も起こらないけど、@に変えると何か起こるかも…。
スカイプも使用中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。